12/2(土)の採用説明会に『FINAL FANTASY』オリジナルメンバーが登壇!今、スクウェア・エニックスが求める人材とは ―― 第8BD 広野氏・長谷川氏インタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12月2日(土)、私達マイナビクリエイターは、スクウェア・エニックスと共同企画で、「FINAL FANTASYオリジナル開発メンバーによるトークセッション」や「FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS 現職者座談会」など、盛りだくさんの内容で中途採用説明会を開催する。

『FINAL FANTASY』の世界観をスマホへ。2周年を迎え、ますます高い人気を誇る『FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS』を展開するスクウェア・エニックスの第8ビジネス・ディビジョンが、新メンバーを採用することが目的だ。説明会への応募対象者は、プロデューサー、ディレクター、プランナー、デザイナー、宣伝プロモーションなどの業界経験者。スクウェア・エニックスへの転職希望者はもちろん、「スクウェア・エニックスでの仕事内容を知りたい」「FINAL FANTASYの制作裏話が聞きたい」という方々にも、広く参加を呼びかけている。

イベントには『FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS』の現運用メンバーが登壇し、各職種のやりがいを語るのはもちろんのこと、『FINAL FANTASY』草創期のレジェンドメンバーを交えたトークセッションも計画されている。ゲームクリエイターとしては見逃せないイベントとなりそうだ。

本記事では、当日の司会を務めるIGN JAPAN副編集長の今井氏と共に、イベントの主体となる第8ビジネス・ディビジョンのディビジョン・エグゼクティブ広野啓氏、長谷川友洋氏に、イベントの打ち合わせも兼ね、インタビューさせていただいた。当日ご参加する方には、ぜひ事前にご覧いただきたい。

第8ビジネス・ディビジョンとは?そこで働く魅力をイベントで紹介

── 今井氏:IGN JAPANでも今回のイベントに関して、告知やイベント後の記事化をおこなっていきたいと考えています。当日のプログラムでは、前半1時間に、採用ポジションの説明や『FINAL FANTASY』トークセッション、その後の1時間は、現場社員との職種別座談会になっていますが、現時点でどんな計画をお持ちでしょうか?

広野氏:前半のトークセッションでは「FINAL FANTASYと仕事をする - FINAL FANTASY制作裏話」をテーマに 『FINAL FANTASY』開発者のレジェンドといわれるメンバーを招いて色々話したいと思っています。 『FINAL FANTASY IV』の開発を手がけた時田貴司、初代『FINAL FANTASY』のスタートから参加しているドット絵師の渋谷員子、また、連綿と続く『FINAL FANTASY』から今の『FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS』に話を拡げていくために、宣伝プロモーション担当の野間崇弘の3人を呼んで、今井さんと私含めた5人で登壇する予定です。時田、渋谷、野間は、皆第8ビジネス・ディビジョンのメンバーでもあります。よって今回募集する新メンバーには、この3人と一緒に仕事ができるチャンスも当然あり、期待を持ってもらうためにも面白い話をしていきたいと思っています。

── 今井氏:まさに『FINAL FANTASY』のトークセッションにふさわしい豪華メンバーですね。『FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS』は、現在のスマホゲームの中でもドット絵のクオリティに高い評価を得ているゲームですから、渋谷さんの話にも俄然興味が湧きます。中途採用のイベントながら『FINAL FANTASY』ファンが詰めかけてしまうのではないでしょうか。トークセッションではそれぞれのパーソナリティーをどう紹介していくかも重要ですね。

広野氏:ストレートに我々のディビジョンへ転職を考えてくれる方々を歓迎しますが、まずは我々の仕事のスタイルや、スクウェア・エニックスの環境を広く知っていただく機会になればと考えています。『FINAL FANTASY』から『FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS』までの制作裏話をどんどん聞いていってください。

── 今井氏:後半の現職者による職種別座談会はどんなものになるのでしょうか?

広野氏:現在、『FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS』の運用や第8ビジネス・ディビジョンで取り組んでいるその他のプロジェクトの現職者を呼んで、職種別の座談会を開きます。プロデューサー、ディレクター、プランナー、デザイナー、宣伝プロモーションのそれぞれの現職者が、実体験からスクウェア・エニックスで働く魅力を語ったり、参加者から直接質問を受け付けたりする予定です。「どんな形でスクウェア・エニックスに入社し、今どんな活躍ができているか」「必要なスキルや働き方、社内の雰囲気」まで、各職種の現職者そのものに会っていただくことで、実感していただきたいと考えています。

我々第8ビジネス・ディビジョンが取り組んでいるのは、『FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS』だけではありません。『インペリアル サガ』『聖剣伝説』『魔法科高校の劣等生』などのタイトルを、F2P・コンシューマゲーム・売り切りアプリ・過去作の移植といった様々な方法で世に送り出しています。

長谷川氏:さらに『バハムートディスコ』といった、ハウステンボスで展開されているアトラクションも私たちのタイトルです。コンシューマーゲーム、ソーシャルゲーム、体感アトラクションまで、様々なプロジェクトが進行しており、グローバルで幅広いプラットフォームに取り組めるビジネス・ディビジョンとなっております。イベントでは『FINAL FANTASY』と『FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS』がメインになっていますが、そんなフィールドの広さにも触れていきたいですね。

スクウェア・エニックスでのワークスタイル。広野氏と長谷川氏の今に至るルーツとは?

── 今井氏:中途採用に応募する方々にとって気になるのは、「どんな人々が入社していて、どんな風に活躍してらっしゃるか」だと思います。イベントでは現職の方々にそれぞれの職種について語っていただくとして、広野さん、長谷川さんご自身のスクウェア・エニックスでのこれまでの経緯を教えていただけますか?

広野氏:私自身はスクウェア・エニックスに転職して4年目になります。前職からコンシューマーゲームのプロデュースをおこなっていて、スクウェア・エニックスに移ってからは『FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS』で3プロジェクト目になります。入社して最初に担当したのが『実在性ミリオンアーサー』というミリオンアーサーの実写ドラマ版で、ゲームから映像への横展開というものに取り組んでいました。次にPCブラウザゲームの『インペリアル サガ』の立ち上げとプロデュースをおこない、そしてスマートフォンアプリの『FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS』の立ち上げからの統括プロデュースを担当しています。

長谷川氏:私はスクウェア・エニックスに入社して、今年で6年目です。最初のゲーム業界では、主に欧米のゲームや音楽、動画を配信する企業の日本支社で、アシスタントから仕事をはじめました。北米や欧州、日本のPCダウンロードゲームのバイヤーのような仕事や、フラッシュゲームの企画もやっておりました。その後、日本や韓国のオンラインゲームパブリッシャーでMMORPGやTCG系のディレクター、プロデューサーを経験しております。スクウェア・エニックスでは、PCブラウザゲーム運営のアシスタントプロデューサーからはじめ、その後プロデューサーとしてスマホアプリの『三国志乱舞』『戦国やらいでか−乱舞伝−』などをリリースして、その後、数本の開発・運営のマネージメントをやっています。

広野氏:第8ビジネス・ディビジョンは、私と長谷川、二人のディビジョン・エグゼクティブがいて、それぞれが得意分野とする企画を展開しています。まだ流動的な部分を残した組織ですが、それだけに新しいメンバーにもチャンスを掴みやすい環境にあると思います。

サービスのマインドを持ったゲームクリエイターが活躍。高い熱量を持ったプロデューサー志望者に期待

── 今井氏:今回のイベントでは多くの転職希望者も参加いただけることと思います。実際にはどんな方々を採用したいと考えていらっしゃいますか?『FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS』がメインだと、サービス・運用に主眼を置いた採用になると思うのですが。ゲーム業界全体が開発中心からサービス・運用を中心したビジネスに変わってきているように感じています。

長谷川氏:今後の市場を考えると、「サービスをしない」というプロジェクトはあまり考えられないですね。"ものをつくる"という仕事と、"サービスを提供する"仕事は結構違うと思うんですよね。両方できるのが一番望ましいですけど、中でもサービスの部分は少なくとも必要になってくる。サービスのマインドとでもいいますか、ユーザーに継続的に何かを出し続けることができる人のことです。中でもプロデューサー、ディレクター、プランナーという企画職は、特にサービス・運用のスキルが重視される環境になってくると思います。実際開発メンバーがそのまま運用のコアメンバーとして動くという事例も現場では当たり前になってきています。運用プロデューサー、運用ディレクターという職種も今以上に注目されていくことも間違いないでしょう。

── 今井氏:スクウェア・エニックスで活躍するために、それぞれの職種に必要な素養やマインドはありますか?それぞれの応募者に期待することを聞かせてください。まずはプロデューサーからお願いします。

広野氏:プロデューサーにまず求めたいのは、新しいことにチャレンジする熱意ですね。そして物事をビジネスの視点でしっかりと捉えられる人。ビジネスとお金が好きな人は、この仕事に向いていると思います。スクウェア・エニックスはゲームから出版、映像、グッズ販売、マーチャンダイジング、そしてアーケード、ロケーションまで傘下に何でもそろっていて、プロデューサーにとって自分のやりたいことを企画しやすい会社です。プロジェクトの一番根っこにいるのがプロデューサーですので、そのプロデューサーが持っている熱量がプロジェクトの稼働には必須です。例えば、その熱量が100だったとしたら、実際にお客さんに届くのは5ぐらいじゃないかと私は考えています。だからその力を1000にも2000にもしたいのです。熱量の大きい人を待ち望んでいます。

自分の作品に確固たる自信を持てるディレクター。広大な守備範囲に多彩な才能を発揮できるプランナー

── 今井氏:ディレクターはどうでしょうか?

広野氏:プロデューサーとディレクターは兼務している人もいて、ものづくりの上で近い職種かも知れません。ただ、分けるとすればプロデューサーが仕掛けや売り方、見せ方を主に担当し、ディレクターはゲーム自体の面白さや中身に責任を持つことになります。ゲームづくりを一通り経験した人にしか任せられない仕事ですね。ディレクターの持つ実力は私も一緒に働いてみないと分かりません。だから応募の際は、ぜひ自分の携わった作品をしっかり表現して欲しいですね。自分のゲームに対する面白さに確固たる自信がある人は信頼できます。「これではだめ、こうやったら面白いでしょ」と明快にいえる人と仕事がしたいです。

── 今井氏:プランナーはどの会社でも守備範囲の広い職種ですがスクウェア・エニックスではいかがですか?

広野氏:当社でもプランナーの仕事は多岐にわたります。ゲームづくりをしたい人ならまずはプランナーからはじめるのが良いでしょう。とにかくゲームの仕様を切ることからはじまり、イベントやキャンペーンの企画はもちろん、ユーザーへの告知内容までありとあらゆるプランニングをしていきます。色んなポジションの人からの要望を受け入れるのもプランナーの仕事なので持ち前の色んな才能を発揮できます。今回は中途採用なので、F2Pのサービス運用経験があるなど即戦力の人材に注目しています。また、全社的に力を入れている消費者行動分析の必要性からデータアナリストの経験を持った人もプランナーとして迎えたいと思っています。実務経験者として共通言語で話せてミスコミュニケーションが少ないとより良いですね。、また、自分の好きなコンテンツはアンテナを張って広く情報収集し、深くやりこんで研究するぐらいの姿勢は持っていて欲しいですね。

社内ではアーティストと呼ばれるデザイナー。マーケティングやイベントの経験も活かせる宣伝プロモーション

── 今井氏:ここまでの3職種と違い、デザイナーはより専門スキルを要求される職種だと思いますが、スクウェア・エニックスならではのデザイナー採用の傾向はありますか?

広野氏:デザイナーの採用では単にイラストをきれいに描けるというのではなく、基礎的なデッサン力を重視しています。人物を可愛く描ける人は多いですが、人体の構造や重力まで考えて作画できる人は思いのほか少ないです。専門学校や美大などで、色彩や表現方法まで学術的に学んだ経験のある人には発展性があると思います。

当社ではデザイナーを海外での呼び方と同じように尊敬の念を込めて"アーティスト"と呼んでいます。第8ビジネス・ディビジョンのアーティストチームには約10名のアーティストがいて、内部で制作を行うメンバーもいれば、外部デザイナーのディレクションを中心に仕事をしているメンバーもいます。イラスト、2D、3D、背景とそれぞれ得意分野を持っていて、今は3Dアーティストが不足していて増員したいところです。アーティストとして働く魅力は、社内にグローバルで活躍する第一線級のアーティストがごろごろいるところです。最先端の技術を目の当たりにできるチャンスがふんだんにあります。専門スキルで突き抜けるのもよし、アートディレクターとしてゲーム全体の世界観をつくる側に進むもよし、アートティストにとって大きく成長できる環境です。

── 今井氏:宣伝プロモーションの仕事内容も近年大きく変わってきたのではないでしょうか?

広野氏:宣伝プロモーションはなんにでも絡める上、ツイッターやSNSなど、Web上の動きは止まる瞬間がありません。誰に向けて、どれくらいの量の広告をどのように発信するのか。これまでのメディア展開だけでなく、ここでもデータマイニング、マーケティングの手法が欠かせないものになってきています。また当社の宣伝プロモーションはリアルイベントも手がけます。10月22日には『FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS』の2周年イベントを秋葉原でおこない、グローバル版のイベントとして世界中の国々を巡っているところです。この職種ではプロモーションやマーケティング、イベントなど広範囲な分野の中で何らかの得意分野を持った方に期待しています。そしてやはり欠かすことができないのはゲームの価値観が分かる人。ゲーム業界のプロモーションはご存知の通り特殊で、商品のウリ、プレイの楽しさを伝えるノウハウが不可欠です。これらの経験ベースがある人の応募を心からお待ちしています。

── 今井氏:最後に、説明会への参加を考えている皆さんへメッセージをお願いします。

広野氏:スクウェア・エニックスでの仕事はこんなに楽しい。その空気を、これまでの『FINAL FANTASY』や、現在運営している『FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS』の話を通じて、多くの人に実感してもらえるイベントにしたいと思っています。このイベントで当社で働くメンバーの活き活きとした様子を見ていってください。多くの方々と出会い、その中から私たちの仕事場に新たな風となるメンバーを迎えられることを強く望んでいます。

インタビューを終えて

12/2(土)のイベントを前に、司会を務める今井氏と、第8ビジネス・ディビジョンを代表する広野氏、長谷川氏に話をうかがうことができた。期待されるイベントの内容を両氏から直接聞き、今井氏の司会プランもより具体的になっていることだろう。

今回は中途採用を目的とするイベントながら、第8ビジネス・ディビジョンを通じてスクウェア・エニックスでの仕事に興味を持つ方に広く門戸を開いている。何よりスクウェア・エニックスの現職者の実際を見ることができる貴重な機会である。『FINAL FANTASY』ファンでなくとも、ゲームクリエイターとしてこのチャンスを見逃す手はないだろう。皆様には、ぜひ積極的な参加をお勧めしたい。

この記事を書いた人

マイナビクリエイター編集部

マイナビクリエイター編集部は、運営元であるマイナビクリエイターのキャリアアドバイザーやアナリスト、プロモーションチームメンバーで構成されています。「人材」という視点から、Web職・ゲーム業界の未来に向けて日々奮闘中です。

サービスに関するお問い合わせ
0120-410-470 マイナビクリエイター事務局 受付時間 9:15〜17:45

サービスに関してご不明な点がありましたら、マイナビクリエイター事務局までご連絡ください。

Facebookページ - マイナビクリエイター編集部
Web・ゲームクリエイターにとって、少し得した気分になるティップス(情報)を配信しています。

カテゴリー
タグ
人気ブログ記事
最新ブログ記事
おすすめ記事コンテンツ
初めての方へ
企業の皆さまへ
ソーシャルメディア
TOPへ戻る