デジタル領域の新規事業企画コンサル

マイナビクリエイターのキャリアアドバイザーからおすすめコメント!

アドバイザー:K.Harada アドバイザー: K.Harada

・国内最大級のエンタメコンテンツ提供企業。ジャンルは多岐に渡り、漫画や書籍にはじまり、ゲームや映画など、多種多様なジャンルを扱います。長年愛されている人気作品も数多く、コンテンツの強みを活かしたメディアミックスなどの動きも活発です。

求人情報

職種

Webプロデューサー / Webディレクター

募集背景

事業拡大に伴う人員増

年収

500〜900万円
給与形態:月給制 / 昇給:有り / 賞与:年2回
年収:500万円〜900万円 ※上記年収はあくまでも一例です。経験・能力・現年収等を勘案して年収決定 ※年収目安:メンバー〜800万、課長800〜1,200万円

仕事内容

従来の出版社のビジネスモデルから脱却した新たなデジタルサービスを構築するため、同社の各編集部に対して、事業資産を活用したデジタルビジネスの事業開発支援、コンサルティングを担当しています。
書籍や映画、アニメーション、動画サービスなどを作成する社内の編集部に対し、どんな新たなデジタルサービスを作り出せるのか?を考え、ともに伴走していただきます。

具体的には、
 ・新規Webビジネスの立ち上げ(新規Web事業企画のコンサルティング・実現支援)
 ・既存事業の収益ピボット施策の支援
 ・数字、マーケット環境、事業資産の観点から分析
 ・アイディア作り、コンセプト設計
 ・効果検証
を中心に、ハンズオンで事業運営にも関わっていただくことも想定しています。

必須スキル

・Webサービスの新規事業開発立ち上げ経験
・Webサービスの戦略策定/管理の経験
・営業経験
・事業コンサルティング経験
・ファシリテーションによる意見形成の業務経験

歓迎スキル

・コンテンツビジネスへの体系的な知識
・新規営業、対法人営業経験

勤務地

東京都中央区

雇用形態

正社員
試用期間6カ月。期間中の条件変更は無し

勤務時間

09:00〜17:00 (休憩時間60分)
完全フレックスタイム制を導入 ※標準就労時間:10時00分〜18時00分(実働7時間)

年間休日

120日

保険

健康保険 / 厚生年金保険 / 雇用保険

諸手当

通勤手当 / 育児手当 / 役職手当

制度

 
通勤交通費(規程により全額支給)/育児短時間措置/カウンセリング(産業医による面談)/保養所(越後湯沢、白浜、熱海)/部活動 など

休日休暇

有給休暇 / 年末年始休暇 / リフレッシュ休暇 / 慶弔休暇

キーワード

企業情報

会社名

社名非公開企業

業種

出版

事業内容

・出版事業
・映像事業
・版権事業
・デジタルコンテンツ事業
・ネットワーク・エンタテインメント・サービス及びコンテンツの企画・開発・運営
・動画コミュニティサービスの運営等を行う会社の経営管理及びそれに付帯又は関連する事業 等

設立年月

2014年

市場情報

一部上場

資本金

200億円

従業員数

243人

特徴

日本最大級の総合エンタメコンテンツの企画企業として、長い歴史の中、これまでも多くの作品を世に生み出してきました。そのジャンルに垣根は無く、書籍やコミック、映画やゲームといった領域を縦横無尽に横断し、現在まで続く数多くのヒットコンテンツを有効活用しつつ、同時に新しいアイディアと創造性に満ちた作品を今尚排出し続けています。グループ内の企業それぞれが、世の中に大きなインパクトを与え続けている企業です。
求人に関するお問い合わせ
0120-410-470 マイナビクリエイター事務局 受付時間 9:15〜17:45

サイト上では、求人情報の一部のみをご紹介しています。さらに詳しい求人情報については、転職支援サービスにご登録後、キャリアアドバイザーよりご案内いたします。すでにお申し込みがお済みの方は、電話、もしくは、メールにてお問い合わせください。

デジタル領域の新規事業企画コンサルの転職・求人情報

マイナビクリエイターは、これまでに培った実績から、Web職・ゲーム業界の転職・求人情報を、企業から豊富にお預かりしています。このWebサイトでは、デジタル領域の新規事業企画コンサルの求人情報の他にも、職種(Web職・ゲーム業界・システム系)、年収、勤務地、雇用形態、キーワードなど、あなたの希望条件に絞って求人情報を探すことができます。業界トップクラスの数を誇るマイナビクリエイターの転職・求人情報の中から、あなたの希望に合う求人をぜひお探しください。

人気一覧から求人を探す
人気キーワードから求人を探す
人気の求人
新着求人
社名公開企業の求人から探す
おすすめ記事コンテンツ
初めての方へ
企業の皆さまへ
ソーシャルメディア
TOPへ戻る