ゲームプロデューサーの仕事内容とは?ゼネラリストとして求められる役割を知る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゲームプロデューサーの仕事内容とはゲームプロデューサーの仕事内容とは?と聞かれたら、あなたはどのようなイメージをするでしょうか?「プロデューサーという言葉から総括的な立場の仕事内容?」もしくは、「ゲームディレクターの仕事内容とほとんど変わらないんじゃないかな…?」などでしょうか。

一つの技術に特化する職種でないだけに、実際にゲームプロデューサー経験のない人は、その仕事内容のイメージはつきにくいのかもしれません。

そこで今回は、ゲームプロデューサーの実際の仕事内容やそこで必要とされるスキル、役割について簡単にご紹介できればと思います。

そもそもゲームプロデューサーの仕事内容とは?

ゲームプロデューサーとは、ゲームの「企画・プロジェクト」における総責任者です。ゲームディレクターが「現場」での制作を管理する職種であるのに対し、ゲームプロデューサーは、予算やスタッフの配置、スケジュール管理など、そのプロジェクトの全体を統括することが主な仕事内容です。一般的にはディレクターとして、現場責任者の経験を積んだ後、ゲームプロデューサーにステップアップする傾向が多いとされています。

会社やプロジェクトの規模にもよりますが、ゲーム制作は時に、有名タイトルの新規開発など、数百人のスタッフが関わることがあります。ディレクターとの連携はもちろんのこと、デザイナーやシナリオライター、プランナー、サウンドクリエイター、プログラマー、さらには、外部のゲーム制作会社と協力することも少なくありません。

プロジェクト全般の管理や運営を任される責任は非常に大きいですが、やりがいのある仕事としてゲーム系のクリエイター達が憧れる職種とも言っていいいでしょう。

気になるゲームディレクターの平均年収 - キャリアアップして年収アップを目指そう

ゲームプロデューサーの役割とは、チーム力を最大限引き出すために「工夫」し続けること

先述の通り、ゲームプロデューサーの仕事内容は、予算や人員、スケジュールの管理など多岐に渡ります。

その中でも特に最大のミッションは、スタッフの能力を最大限引き出すために「工夫」をし続けることでしょう。なぜなら、予算や人員の配置などはすでに決まっていることが多く、プロデューサーとして、その決められた枠の中で最大限の効果を生み出すことが求められるからです。

そのため、スタッフに的確な指示が出せる能力が不可欠になります。限られた人数のスタッフでも、俯瞰的に管理しているプロデューサーが指示を出すことによって、倍以上の仕事をできるようにさせる、これがゲームプロデューサーの腕の見せどころです。

伝わりにくい指示や、スタッフの力量を把握せずに過剰な指示をしてしまえば、途端にプロジェクトの進行は破綻してしまいます。ゲームプロデューサーの力は、いかにスタッフに的確で伝わりやすく指示を出すことができるか、といった点で問われてくるでしょう。

ゼネラリストとして求められるゲームプロデューサーのスキルとは?

img_the_role_of_the_game_producer_02.jpg このようにゲームプロデューサーは、プロジェクト全体を動かすため、「的確な指示を出す能力」が必要です。「スペシャリスト」としての能力ではなく、ゲーム制作に関わるスタッフを的確に配置し指示を出す「ゼネラリスト」としてのスキルが求められるのではないでしょうか。

スペシャリストとは

特定分野について深い知識やすぐれた技術をもった人。専門家。

Weblio辞書参照(2015.7.7時点)

ゼネラリストとは

広範な分野の知識・技術・経験をもつ人。ジェネラリスト。

Weblio辞書参照(2015.7.7時点)

そのため、ゲームプロデュース経験のあるクリエイターは、スタッフをどのような形で配置するかといった計画や、無理のないスケジュール管理をするためにも、ゲーム制作の必要最低限の知識が必要です。専門的な知識や技術も、一線のクリエイターほど必要ありませんが、ある程度は知っておくべきです。

また、上述しましたが、常に俯瞰的に現場を見るバランス感覚が求められることは間違いありません。さらには、様々な仕事を同時並行して調整していくスキルなども、日頃から磨いていくことが重要になってくるでしょう。

一般的にはゲームディレクターからステップアップし、ゲームプロデューサーになる傾向が強い中、一部、他業種からの転職で未経験からゲームプロデューサーに抜擢されるケースもあります。これは、企業側も、専門的な技術というよりも、ゼネラリストとしての高いスキルを評価しているからに他なりません。ゲーム業界のように変化の激しい環境の中でも、情報のアンテナを常に張り、迅速にプロジェクトを推進できるスキルがあれば、ゲームプロデューサーへの道へと進むことが可能になるでしょう。

マイナビクリエイターおすすめ求人!ゲームプロデューサーに関する求人情報

マイナビクリエイターおすすめ!ゲームプロデューサーに関するコンテンツ

この記事を書いた人

クリエイティブ・ティップス編集部

クリエイティブ・ティップス編集部は、運営元であるマイナビクリエイターのキャリアアドバイザーやアナリスト、プロモーションチームメンバーで構成されています。「人材」という視点から、Web職・ゲーム業界の未来に向けて日々奮闘中です。

サービスに関するお問い合わせ
0120-410-470 マイナビクリエイター事務局 受付時間 9:15〜17:45

サービスに関してご不明な点がありましたら、マイナビクリエイター事務局までご連絡ください。

Facebookページ - クリエイティブ・ティップス
Web・ゲームクリエイターにとって、少し得した気分になるティップス(情報)を配信しています。

カテゴリー
タグ
人気ブログ記事
最新ブログ記事
おすすめ記事コンテンツ
初めての方へ
企業の皆さまへ
ソーシャルメディア
TOPへ戻る