ブログ Category01

Webディレクターなら読んでおくべき記事まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Webディレクター

Webサイトの構築や運用は、Webディレクターの存在が無ければ成し得ません。このカテゴリーでは、そんな超重要ポジションであるWebディレクターにとって必要となる基礎知識やキャリアアップするために磨いておくべき能力を様々な視点からご紹介しています。

Webディレクターという仕事を知る

Webディレクター 知るWebディレクターという言葉が世間で当たり前のように使われ、 求人サイトなどの情報メディアでも、メジャーな職種として明確に扱われるようになってからすでに長い月日が流れていますが、あらためてWebディレクターとは一体どんな人材を指すのか確認しておきましょう。

未経験の方はもちろんのこと、すでに長く経験している方にとっても、仕事内容や遂行すべきミッションなどの基礎を繰り返し把握することで、日々のパフォーマンス向上につながるはずです。

Webディレクターとして求められる知識

Webディレクター 知識Webディレクターと言っても、その担当領域は企業や職場環境によって多種多様です。では、そのWebディレクターというポジションは、どんな場面でどんな能力が求められるのでしょうか。

もちろんWeb技術に関する専門的なノウハウも当然ですが、掘り下げてみると、「リーダーシップ」や「マネジメント能力」「数値に対する強い意識」など、他の職種においても重要と言える能力が、実は最も大切だということが見えてくるでしょう。

Webディレクターに求められるスキル

Webディレクター スキルWebディレクターという職域は、企業によって定義が大きく変わります。そのため、スキルアップすることは、社内での重要な業務を任される可能性も高くなり、キャリアアップ・収入アップへのチャンスへと繋がります。

Webディレクターは、プロジェクトに関わる業務を円滑に促すための役割となるため、幅広いスキルを習得できれば、業務内でのやりとりが、より円滑になるでしょう。

Webディレクターの転職における考え方

Webディレクター 考え方Webディレクターの転職には、様々なアプローチ方法があります。未経験からの挑戦においても、デザイナーやプログラマーなどの他職種と比べて、実現の可能性が高いと言えます。

それは企業が、単にWeb技術の知識や経験だけでなく、チームを牽引するために必要な総合的な人材力を求めているからに他なりません。Webディレクターの転職は、そのような企業からのニーズを適切にキャッチできれば、より満足度の高い転職を実現することができるでしょう。

Webディレクターの転職フローを知る

Webディレクター フロー転職に現実味が帯びてきたら、どのようなフローをたどるのが良いのでしょうか。ここでは、転職を決めたWebディレクターがとるべきアクションをご紹介します。履歴書、職務経歴書の書き方、ポートフォリオの作り方も、新卒の頃と大きく違ってきます。

せっかくここで働きたいと思える企業が見つかっても、準備が不十分故に、面接担当者から「新卒じゃないんだから…」と呆れられては意味がありません。ここでは、具体的な転職フローと、転職に効果的な職務経歴書やポートフォリオの作り方を解説します。

インタビュー特集

サービスに関するお問い合わせ
0120-410-470 マイナビクリエイター事務局 受付時間 9:15〜17:45

サービスに関してご不明な点がありましたら、マイナビクリエイター事務局までご連絡ください。

Facebookページ - マイナビクリエイター編集部
Web・ゲームクリエイターにとって、少し得した気分になるティップス(情報)を配信しています。

カテゴリー
タグ
人気ブログ記事
最新ブログ記事
おすすめ記事コンテンツ
初めての方へ
企業の皆さまへ
ソーシャルメディア
TOPへ戻る