転職ノウハウ Category No.2

転職の面接対策に必要となるノウハウを一挙公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
面接対策

転職活動の必須項目、面接対策。ここでは、面接対策する上で必要なノウハウを網羅的にご紹介します。どのような準備を行えばよいのか、面接担当者(採用担当者)は応募者のどのようなポイントをチェックしてくるのか、念入りに確認しながら、対策を練っていきましょう。

基本編|最初に理解しておきたい面接への考え方

面接対策 基本まずは面接対策ノウハウの基本編です。「さあ、面接対策をしよう!」といっても、そもそも転職における採用面接がどのような意味を持ち、どのような流れで行われているのかを把握しなければ、具体的な対策を練ることができません。特に、転職自体が初めての求職者にとっては、イメージすら湧かないこともあるでしょう。

ここでは、そもそも面接とはどのようなものなのか、基本中の基本をしっかりと押さえていきましょう。

準備編1|面接官に好印象を与えるための事前準備

面接対策 準備 1面接官に対し、「視覚的」に好印象を与えるための面接対策ノウハウをご紹介しています。他職種と比べて、実績・才能・センスを最重視されるクリエイター職といえども、服装、髪型、マナーは、決しておろそかにしてはいけない準備事項です。

クリエイターとしての才能は、組織人に求められる最低限の条件をクリアした上ではじめて評価されるもの。一人の社会人としての常識的な振る舞いができ、自分がその会社にふさわしい人材であることをしっかりと伝えるために、どのような準備が必要か、しっかり学んでいきましょう。

準備編2|面接現場で回答に困らないための事前準備

面接対策 準備 2転職の面接においても、姿勢としては新卒の就活時と同じフレッシュさをもってのぞむできです。また、社会人として経験が深いからこそ問われることも多々あるため、想定される質問に対しては、しっかり回答のシミュレーションをしていくこが大切です。

また一次面接(人事面接)や二次面接(現場責任者面接)、最終面接(社長・役員面接)と、それぞれの選考段階でも、面接対策ノウハウは異なります。それぞれの特性に合わせて、しっかりと準備していきましょう。

準備編3|自分の魅力を最大限にアピールするための準備

面接対策 準備 3クリエイターが転職の面接で自分の魅力を最大にアピールするための具体的な対策方法について解説しています。自己紹介や自己PR、志望動機、長所・強み、短所・弱み、などは必ずといっていいほど面接の場で聞かれる質問項目です。また、これまでの経歴も正確、かつ端的に伝えなければなりません。

他職種と同様、基本をしっかりと押さえつつ、徐々に自分らしいアピール方法を組み立てていきましょう。

応用編|ワンランク上の質疑応答で面接突破率を高める方法

面接対策 応用転職の面接には、留意すべき事柄がたくさんありますが、ここでは、上記の「基本編」と「準備編」を前提とした、ワンランク上の応用面接対策テクニックを紹介していきます。

求職者の事情によって、長期のブランクが発生してしまった場合や、これまでの転職回数が多かった場合などは、基本的に面接官はポジティブな印象を持ちません。ただ、これらを正直に、かつ合理的に説明することができれば、マイナスに評価されることを避けることが可能です。ここではそのノウハウをご紹介していきます。

実践編|職種ごとの特徴を捉えた面接対策を

面接対策 実践最後は、職種別に押さえるべき面接対策ノウハウをご紹介します。

たとえば、Webディレクターであれば、制作会社と事業会社では、アピールするべき点が異なってきます。Webデザイナーであれば、採用面接時にポートフォリオを見ながら受け答えするシーンが多いことを想定した上で、望ましい回答例やNGトーク例を把握しなくてはなりません。また、ゲームプランナーであれば、企業によって、文化が大きく異なることを理解し、求められる人材像や面接官からの質問に対する明確な回答・トーク例を考えるべきです。ご自身の経験と希望に照らし合わしながら、ぜひこの面接対策ノウハウをお役立てください。

サービスに関するお問い合わせ
0120-410-470 マイナビクリエイター事務局 受付時間 9:15〜17:45

サービスに関してご不明な点がありましたら、マイナビクリエイター事務局までご連絡ください。

Facebookページ - クリエイティブ・ティップス
Web・ゲームクリエイターにとって、少し得した気分になるティップス(情報)を配信しています。

転職ノウハウ
おすすめ記事コンテンツ
初めての方へ
企業の皆さまへ
ソーシャルメディア
TOPへ戻る