Webマーケターとは - Web・ゲーム業界における役割やキャリアについて解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Webやゲームなどのデジタルコンテンツのクリエイティブにおいて、今やWebマーケティングの理論は欠かすことができません。それはクリエイティブだけに限らず、企業ビジネスの方針決定にも重要な指針として注目されるようになってきました。

これまで、事業会社におけるWeb担当者や、広告代理店、制作会社におけるWebコンサルティング、Webマーケティング担当といった立場の人々がよりマーケティングにおけるスキルを明確にして、このWebマーケターとしての職種を確立したといえるでしょう。Web解析、SEO対策などの手法を用いて企業の課題解決に貢献するWebマーケターは今後ますます活躍が見込まれる職種です。

今回、存在感を高めているWebマーケターという職種について、Webマーケターの定義から仕事内容、Webマーケターに求められるものといった点を中心的に解説していきます。

今クリエイティブ業界で注目のWebマーケターとは

今やPCをはるかに追い越すこととなったスマートフォンの爆発的な普及など、Webの凄まじい進化の中でWebマーケティングの領域はこれまで驚くほどの早さで拡大しています。これまでWebディレクターWebデザイナーが拡張スキルとして、あるいは業務のプラスαの部分として対応してきました。しかし、Webマーケティングの領域に対して、より専門性を持って取り組む役割を担う人が必要になってきたのです。まずは、Webマーケターの定義について理解してみましょう。

Webマーケターとは

Webをコンサルティングとクリエイティブの両面からアプローチし、Webマーケティングの理論とサイトやコンテンツの運用によって得られる様々なデータを総合的に活用して、集客の促進を行う職種のことを指します。

Webクリエイティブに関わる仕事をしている人の中には、もっとWebマーケティングの手法を取り入れて仕事をしていきたいと考えている人も多いはず。そんな人には今後、Webマーケターとしてのスキルとキャリアを身に付けて行くことをぜひおすすめします。Webマーケターとしての素養を持っているということは、転職においてもあなた自身の市場価値を上げ、多くの企業から評価の対象となることは間違いありません。

Webマーケターの専門職として仕事に従事する際はもちろんのこと、Webディレクター、Webプロデューサーなど、Webの企画に携わる職種でその能力を発揮したり、Web解析の能力によって企業経営の方針を打ち出していくポジションで仕事をする可能性も出てきます。Web・ゲーム業界に止まらず、あらゆる業態、様々なスタイルでおこなわれている企業活動の中で、今大いに期待されているのがこのWebマーケターという仕事です。

Webマーケターが担う仕事内容について

次はWebマーケターの具体的な仕事内容に入っていきます。ここまでは様々な企業や業界で活躍するためのWebマーケターの素養について紹介してきました。しかし企業活動におけるWebマーケターの存在価値はここで紹介する実務能力にかかってきます。実際に仕事をするフィールドは違えど、目的とする効果とそれを獲得するための手法は同じ部分も多いです。共通項となるWebマーケターの「仕事のしかた」を見ていきましょう。

Webマーケティングのスキルを駆使してPDCAサイクルを回す

Webマーケティングの施策は百発百中ではありません。クリエイティブの結果を収集・分析し、次期の企画に反映させていく。ビジネスの流れをPDCAサイクルにのせることが期待されていてます。またWebマーケティングにはいくつかの具体的な施策の方法も存在します。Webマーケターはこれらの施策について熟知し、それを実行することで目的達成・課題解決に臨まなければなりません。ここでは、Webマーケターが実践する施策の実例を紹介します。

Webマーケター 施策

コンテンツの価値そのものを上げるSEO対策

今やWebによるアドバタイジングの基本として語られることの多いSEO。これは「Search Engine Optimization=検索エンジン最適化」のことで、Webサイトが検索エンジンの上位に表示されるように調整することです。SEO対策として実際に行われる方法としては、「キーワードに対応する」、「外部リンクを増やす」などがこれまで効果的とされてきましたが、近年では、サイトの情報が閲覧者にとって有益、見やすい、使いやすいなど、コンテンツとしての価値を総合的に評価する流れへと変わっています。

リスティング広告の活用でユーザーの流入量をアップ

検索エンジンにおける検索結果のページに、そのキーワードと関連した内容の広告を掲載するのがリスティング広告です。ユーザーが検索した内容に関連しているので、商品の販売であれば、関連した内容を検索した購買意欲の高いユーザーが目にすることとなる広告です。Webマーケターは前述のRTBのシステムを使って、効率よく効果的にリスティング広告を活用していくことが大切です。どれだけ予算を使うか、どんなキーワードを設定するかでリスティング広告の成果はドラスティックに変わってきます。リスティング広告に関する知識と経験でユーザーの流入目標をクリアしていくことがWebマーケターに課せられる大きな任務なのです。

ランディングページの最適化で訪問者をスムーズに目的のページへ

ランディングページは日本語にすると「着陸するページ」という意味で、大規模なサイトの窓口として全体がわかりやすいシンプルな内容のページを指します。しかし本来の目的である他ページへの誘導が上手くいかず、十分に機能していないランディングページが数多く存在します。そこでWebマーケターがおこなうのが、LPO(Landing Page Optimization)と呼ばれるランディングページの最適化です。ランディングページを軸にWebサイト全体の構成を改善していくことでランディングページの離脱率を抑え、ユーザーの目的のページへたどり着くための工夫をおこなっていくのです。

アクセス解析でPDCAが回せる確実なマーケティングを

様々な施策を用いることでWebマーケターは成果を挙げますが、そこには施策の根拠となるデータが必要です。即時性、インタラクティブ性で他のメディアのマーケティングとは異なり、Webマーケティングではここで「アクセス解析」が重要になってくるということです。Webマーケターに関心のある方なら、Google Analytics、SiteCatalyst、AD EBiS、などのアクセス解析ツールがあることもご存知ではないでしょうか。これらのツールを使って得られるデータが、Webマーケターの仕事のすべての根拠となってくるのです。PDCAサイクルを回すためには、プロジェクトの結果をアクセス解析によって回収し、改善につなげるプロセスが必ず必要となってくるのです。

様々な職種から発展・特化したWebマーケターのキャリアについて

クリエイター業界で長く活躍する人でも、実際にWebマーケターという職種の人に出会う機会はまだ少ないのではないでしょうか。しかしこのWebマーケターという仕事を既に潜在的にこなしている人は実は多いのです。事業会社におけるWeb担当やマーケティング担当、Webアナリストなどの職種の人々はもちろんのこと、WebディレクターWebデザイナーといったクリエイティブ色の強い職種の人々でも、実はWebマーケターの仕事の一端を経験しています。Webマーケターの仕事は、これまでWebマーケティングやクリエイティブの各職種が部分的に担当していた業務を統合してより効率的な成果を上げることができる新しいポジションなのです。

現在のWebマーケターの仕事に最も近いと考えられているのが事業会社におけるWeb担当の仕事です。企業のWeb活動を一手に担うWeb担当者。以前は企業のホームページを立ち上げ、運営することだけを求められるポジションでしたが、現在では、Webのマスへとつながるインタラクティブ性を重視して、データ収集をおこない、Web戦略だけでなく、企業運営の様々な指針を導き出すポジションへと進化していきました。これらの仕事をおこなうためにはデジタルマーケティングのひとつとして、Webマーケティングがなくてはならない手法となっています。

Webマーケターの仕事はこの「企業におけるWeb活動をWebマーケティングの手法を用いて効率よくおこなう」というところで共通します。Web担当者の経験がある方ならWebマーケターの仕事もイメージしやすく、専門性を高める知識やスキルの獲得も、必要性を理解して臨むことができるでしょう。

Webマーケターと類似するWebアナリスト、Webコンサルタントとの関係性とは

Webマーケターの近似の職種にはWebアナリストやWebコンサルタントといった仕事が存在します。これらの仕事は企業に在籍するWeb担当者以上に、Webにおけるデータ解析や、有効なWeb戦略の立案などに専門性を発揮する仕事です。そしてこの職種は、すべての会社に所属するというのではなく、プロダクションや広告代理店、Webコンサルティング会社に所属し、クライアント企業のWeb活用に貢献していくというのが一般的です。近年ではWebアナリストを社内に置く事業会社も増えてきていますが、客観性を担保するためにも、これらの専門職は今後もクライアントワークとして発展していくことでしょう。

WebマーケターはこれらWebアナリスト、WebコンサルタントとWeb担当者の中間に位置し、双方をオーバーラップしていける仕事です。一つの事業会社でWeb担当者の延長線上としてWebマーケターで活躍することもできますし、プロダクションや広告代理店、Webコンサルティング会社で、Webマーケティングに特化した専門家として活躍することもできるでしょう。それぞれがクロスオーバーするWebアナリスト、Webコンサルタント、Webマーケターの一番の違いは、その名前が表す主業務の違いということになってくるかと思います。Webアナリストが解析とレポートをメインに、Webコンサルタントがクライアントを対象にWebに関する広いコンサルティングをするのに対し、Webマーケターはもっと主体的に自社サービスなどのWebマーケティング運用そのものを担っていく立場にあるといえます。

Webマーケター・Webアナリスト・Webコンサルタント 主業務の違い

Webデザイナー、WebディレクターからWebマーケターへキャリアチェンジ

現在既にクリエイターとして活躍する人の中にもWebマーケターへの関心を高めている人は多いはずです。Webマーケティングの活用は、現在のWeb制作のもはや主流で、これに関わることなく仕事をしているというクリエイターこそ稀でしょう。WebマーケターはWebデザイナーWebディレクターなどのクリエイティブメインの職種はもちろん、Webデータの活用という意味で、フロントエンドエンジニアやプログラマーといった、システムに強い職種の人々からも熱い視線を浴びる職種といえるでしょう。

転職を機にデジタルマーケティングに関するスキルを補強して、Webマーケターへキャリアチェンジしたいと考える人も多くなってきています。また、キャリアチェンジせずにそれぞれの専門領域で活躍していくとしても、Webマーケターに関する知識やスキルは、Web制作のどの場面でも活かされていきます。Webマーケターという専門領域はますます目の離せないものとなっていくでしょう。

未経験からWebマーケターのキャリアを目指すなら

Web制作の現場で仕事をした経験のない人にとってもWebマーケターの仕事は新たな領域に飛び込んでいくスキルとしてベストな選択といえるかも知れません。Webディレクターや、Webデザイナー、フロントエンドエンジニアといったWebのクリエイティブをメインとする専門領域は実績や経験がものをいい、未経験者がチャンスを掴むのは難しい状況です。それに対してまだ職種として確立してから期間の短いWebマーケターという職種は、実績や経験よりも最新の知識や情報、そしてそれを活用できるスキルが身に付いているかが重要です。

Webクリエイティブの業界以外でも、Webマーケティングの知識を持っていたり、一般企業においてPDCAサイクルを回してプロジェクトに取り組んだ経験のある人は、Webマーケティングの理論を受け入れやすく、仕事に活かすことが容易なはずです。現在では、Webマーケターになるための基礎講座や、スキルを表す資格も用意されています。Web制作の仕事をスタートさせるための強みとしてWebマーケターのスキルを身に付けておくというのはとても有効です。

Webマーケター 転職しやすい職種

それぞれの職場でWebマーケターに求められるものとは

一口にWebマーケターといっても働く企業によって仕事内容も求められるスキルも変わってきます。Webマーケターとしてあらゆるスキルを身につけていることはもちろん理想ではありますが、あなたがどんなフィールド、どんなポジションで仕事をしたいかで身に付けておくべきスキルの優先度も変わっていきます。企業がWebマーケター採用の条件と考える知識やスキルについて考えていきましょう。

Webマーケターとして最低限身に付けておかなければならないスキル、それはインターネットにおける広告の概念について理解していることといえます。Webマーケターの役割がインターネット広告の活用と直結していて、インターネット広告がその他のメディア広告と決定的に違う部分を持っているからです。その一つがRTBというインターネット広告のシステムです。

RTBとは「Real-Time Bidding」のことで、広告主が広告枠に対してオークション形式でリアルタイムにクライアントを自動的に募るというシステムです。インターネットにおける多くの広告枠やバナー、リスティング広告などはこのRTBというシステムによって売買されているのです。またデジタルマーケティングで頻出するCPCやCPMといったCをはじまりとするアルファベットの専門用語があります。CPCは「Cost Per Click」、CPMは「Cost Per Mille(広告コストの測定方法)」で、CTRは「Click Through Rate」、CVRは「Conversion Rate」、CPAは、「Cost Per Action」のことで、Webマーケターはこれらの指標を使ってWebマーケティング施策を実行していけることが前提となっています。

これらの専門用語を理解するだけでなくWebからフィードバックされるデータをいかに活用できるかが、Webマーケターに求められる最も重要なスキルです。

これだけは知っておこう!Webマーケター必須の基本用語(R+5C)

  • RTB(Real-Time Bidding)…オークション形式でリアルタイムにクライアントを募る広告システム
  • CPC(Cost Per Click)…1クリックを獲得するためにかかるコスト
  • CPM(Cost Per Mille)…1000インプレッションを獲得するためのコスト
  • CTR(Click Through Rate)…クリックスルー率、表示回数に対してクリックされた率A
  • CVR(Conversion Rate)…Webサイトの訪問者の中で最終成果に至った人の割合
  • CPA(Cost Per Action)…コンバージョン1件当たりにかかったコスト

企業に所属し、その企業のWebマーケティングに尽力するWebマーケターに重要なのは、前項のWebマーケターに求められる基礎力を身に付けていることはもちろん、社内での意思疎通、その企業に特化したWebマーケティングを展開できなければなりません。業種や業態、その企業がフィールドとするマーケット自体の知識も不可欠となります。

Webマーケターとしての基本的なスキルとは別に、業界に精通していること、同業での経験があることなどは募集企業からは大きなメリットと判断されます。Webマーケターとしての転職の自己PRとしては、Webマーケターとしての基本スキルを持っていることと、その企業に特化した知識や経験を持っていることの両面でアプローチすることが肝心です。もし、実務での業界経験が無かったとしても、自分のその企業や業界に対する関心の高さを表したり、現時点で知識として獲得している部分をアピールして、Webマーケターとして即戦力として活躍できる素養を見せていきましょう。

プロダクションや広告代理店、Webコンサルティング専門会社で求められるWebマーケターの素養は専門スキルを幅広く企業にあてはめて活用できる汎用性です。業界、業種に特化した知識も活用できますが、それを現場やプロジェクトに応じて改変していける応用力が求められます。また、事業会社、一般企業のWebマーケターも社内でマーケティングの方針を周知して支持される社内調整力が必要ですが、クライアントワークがメインのこのタイプのWebマーケターはメンバーとの連携と対外的なコミュニケーションにも高度なスキルが要求されます。

Webマーケターはクライアントの意向に沿いながら、客観性を持って状況を判断していかなければならない非常に難しいポジションでもあります。Webマーケティングの専門性にプラスして営業経験など、高いコミュニケーションスキルが示せることも募集企業が注目するポイントとなります。

あなたのこれまでの職務経験を活かしたキャリアパス

Webマーケターの仕事で活かせる経験として、同業での経験、他分野でのマーケティング経験や営業経験などについて触れました。また、Webマーケターにとって有利な知識として、Webクリエイティブに精通していることは大きなプラスです。WebデザイナーWebディレクター、Webプロデューサー、フロントエンドエンジニアなど、Web制作のノウハウを持っていながら、デジタルマーケティングを志向することは、あなた自身の市場価値はビジネスチャンスを間違いなく拡げるでしょう。広い視野で見れば、Webマーケターの仕事は多くの人にチャレンジの機会があり、今後のWeb業界においてどんなポジションの人であっても関心を持たざるを得ない分野となっていくことがわかります。

Webマーケター 職務経験を活かしたキャリアパス

まとめ

今回はあらゆるビジネスシーンで注目されているWebマーケターについて解説してきました。現状の動向を見るとクリエイティブ職からWebマーケターを目指す人、他業界の経験を活かしてこれからWebマーケターとして活躍したい人と様々です。この記事では、「Webマーケターとは?」という基本的な問いかけから、どのような職種、仕事から生まれてきたか、どのような職種や経験からのキャリアチェンジが可能か、そして将来どんな形で発展していくかといった内容について幅広く触れていきました。また、今それぞれの企業でWebマーケターに求められているスキルや、実務についても触れ、これからWebマーケターというポジションにチャレンジしたい人の参考になればと考えています。

Webマーケターはこれからの世の中になくてはならない将来性のある専門領域です。Webマーケターにならないとしても、Webマーケティング、広義で言えばデジタルマーケティングという手法そのものを理解し、積極的にスキルやノウハウを身に付けてあなたのクリエイターとしての将来のプラスにしてください。

この記事を書いた人

マイナビクリエイター編集部

マイナビクリエイター編集部は、運営元であるマイナビクリエイターのキャリアアドバイザーやアナリスト、プロモーションチームメンバーで構成されています。「人材」という視点から、Web職・ゲーム業界の未来に向けて日々奮闘中です。

サービスに関するお問い合わせ
0120-410-470 マイナビクリエイター事務局 受付時間 9:15〜17:45

サービスに関してご不明な点がありましたら、マイナビクリエイター事務局までご連絡ください。

Facebookページ - マイナビクリエイター編集部
Web・ゲームクリエイターにとって、少し得した気分になるティップス(情報)を配信しています。

カテゴリー
タグ
人気ブログ記事
最新ブログ記事
おすすめ記事コンテンツ
初めての方へ
企業の皆さまへ
ソーシャルメディア
TOPへ戻る