デキるWebコーダーになるために必要なスキルとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Webディレクターが設計し、Webデザイナーが作成したページデザインを、実際にブラウザ上で最適に表示されるようにコーティングするのがWebコーダーの主な仕事です。現在は、Webコーダーの定義も曖昧になるほど、業務の幅が広がっていることから、転職市場においては「簡単なコーディングしかできなくてなかなか前に進まない...」と、キャリアアップに悩む人が増えている職種でもあります。

Webコーダーに必要なスキルこのページでは、「今後、デキるWebコーダーとして、求められるスキルとはどんなものなのか?」について少し考えたいと思います。

Webコーダーは、Webクリエイターになるための第一歩

デザイナーが制作したデザインラフを元に、実際にブラウザに表示される画面をHTMLやCSSを使ってコーディングするのがWebコーダーの業務。これは、Webクリエイターの第一歩ともいえるポジションで、まずこのコーディング業務からWeb制作の世界に入り、さらに高度な分野を担当するマークアップエンジニアやフロントエンドエンジニア、さらにはサーバーサイド領域まで扱うPHPプログラマーへと、キャリアアップしていく流れが一般的となっています。

Webサイトの制作業務においてWebコーダーの担う役割とは?

Webコーダーは、サイト構築の最後の工程部分を担うポジションであり、その仕事がサイトの品質に直結するため、サイト制作において極めて重要な役割を果たしていると言えます。

大規模なサイト構築の場合は、Webデザイナーやプランナーも含め、役割分担がはっきりしていることが多いですが、小規模なサイトでは、Webコーダーはこれらの職種と兼任することも珍しくなく、時には複雑なアクセス解析ツールの初期設定など、コーディングにとどまらない幅広い知識や技術が必要となります。また、会社によっては、メイン業務はコーディングでありながらも、Webサイトの企画立案やクライアントへの改善提案の段階から参画する場合もあり、ビジネス視点クリエイティブな思考確かなスキル・スピードの全てが求められる場合もあります。

Webコーダーに必要なスキルとは?

Webコーダーとして仕事をする上で、HTMLとCSSの基礎知識と技術、それに全てのブラウザで正常なグラフィックを表示させるだけの技術は必須です。これに加えて現在は、SEOを心得たコーディングやJavaScript、jQueryなどのフロント領域のプログラミングなどを求められるケースも当たり前になってきています。

サイト制作はチームが基本です。自分の専門分野だけにこだわらず、チームの一員として柔軟性を持ち、新しい技術や情報を積極的に取り入れて、これらのスキルを磨くことが、他のWebコーダーとの差別化になり、転職の際の大事なスキルとなっていくでしょう。

経験者・未経験者のWebコーダーが心がけるべきこととは?

業務の幅は広がっているとはいえ、Webコーダーにとって核となるのは、HTMLとCSSのスキルであることに変わりはありません。これからWebコーダーを目指す未経験者が転職を考えるのであれば、自分が将来的に、サイト全体を設計できるようなWebデザイナーに進みたいのか、それともマークアップやプログラミングに特化したエンジニア系に進みたいのかなど、広い視野で方向性を定めながら、スキル向上に努めるとよいでしょう。

一方、経験者のWebコーダーは、仕事量も多くなり、業務をこなすだけで精一杯になりがちですが、日頃から、具体的なキャリアプランを持つことが大切です。同じWebコーダーでも、上述の通り、会社によって業務範囲も大きく違うため、「Webコーダーとして、今自分の市場価値はどれくらいなのか?」「コーディングスキルを活かしながらキャリアを展開するために必要な技術は、他に何があるのか」など、より自分に適した業務内容や働き方をイメージすることが、将来を考えるにあたって重要な要素になってくるでしょう。

この記事を書いた人

クリエイティブ・ティップス編集部

クリエイティブ・ティップス編集部は、運営元であるマイナビクリエイターのキャリアアドバイザーやアナリスト、プロモーションチームメンバーで構成されています。「人材」という視点から、Web職・ゲーム業界の未来に向けて日々奮闘中です。

サービスに関するお問い合わせ
0120-410-470 マイナビクリエイター事務局 受付時間 9:15〜17:45

サービスに関してご不明な点がありましたら、マイナビクリエイター事務局までご連絡ください。

Facebookページ - クリエイティブ・ティップス
Web・ゲームクリエイターにとって、少し得した気分になるティップス(情報)を配信しています。

カテゴリー
タグ
人気ブログ記事
最新ブログ記事
おすすめ記事コンテンツ
初めての方へ
企業の皆さまへ
ソーシャルメディア
TOPへ戻る