【京都】ライツ担当(商品企画、グッズ制作、監修)

マイナビクリエイターのキャリアアドバイザーからおすすめコメント!

アドバイザー:A.Tagashira アドバイザー: A.Tagashira

・人気IPに頼らずオリジナルタイトルのスマートフォンゲームアプリでヒット作を連発
・クリエーターが満足できる環境作りを追求する会社です

求人情報

職種

事務職

募集背景

事業拡大による増員のため

年収

264~400万円
給与形態:月給制 / 昇給:無し
みなし残業手当42時間/月を含む

仕事内容

同社のライツ担当として下記の業務をお願い致します。

・弊社が配信しているスマートフォン向けゲームアプリタイトルのコンテンツを用いたライセンスビジネス
・著作権・商標権等に関する管理業務
・および渉外窓口など

具体的には、
■ビジネスパートナーとの間に立った、パートナー企業との渉外
 様様な利害関係者の間に立ち、ニーズをヒアリングしながら、言語化・取りまとめを行い、
 実現が難しかったとしても妥協せずに打破する道を考え、納得感のある落とし所を作ることが求められます。

■複数案件の制作進行管理
 社内外の様様な関係者と連携しながら、複数案件の進行管理を同時並行で抜け漏れなく進行します。

■その他、社内の監修チェック作業など
 自分がいいと思うものを作りきる熱意を持ちつつも、ビジネスマンの感覚を持ち、ブランド価値の向上に貢献していただきたいと考えています。

必須スキル

・複数の案件やプロジェクトを同時進行で管理した経験
・社内外の折衝・調整業務の経験
・ランセンサー/ライセンシー企業での勤務経験、もしくは該当業務経験

歓迎スキル

・玩具、消費財メーカー等で商品開発などの経験
・デザイン制作のご経験をお持ちの方
・担当者から意見やニーズをヒアリングし、とりまとめや言語化ができる方
・ゲームやマンガ、アニメなどで女性向けコンテンツに造詣が深い方
・クリエイターと日常的にやり取りされていたご経験をお持ちの方

求める人物像

誠実さをもって業務に取り組める方

勤務地

京都府京都市下京区

雇用形態

契約社員

勤務時間

10:00~19:00 (休憩時間60分)
標準勤務時間帯:10:00~19:00、コアタイム:11:00~16:00、標準労働時間:8時間/日、休憩時間:60分

年間休日

120日

保険

健康保険 / 厚生年金保険 / 雇用保険 / 労災保険

諸手当

通勤手当 / 残業手当

制度


休日休暇

有給休暇 / 年末年始休暇 / 夏期休暇 / 慶弔休暇 / 出産休暇 / 育児休暇 / 完全週休2日制(土・日)、祝日

キーワード

企業情報

会社名

Happy Elements株式会社

業種

ゲーム系

事業内容

スマートフォン向けゲームアプリの開発・運営

設立年月

2010年

市場情報

資本金

5000万円

従業員数

140人

特徴

2010年、中国企業の日本法人として設立され、中国で開発したPC向けのソーシャルブラウザゲームのローカライズとともに、オリジナル携帯ゲームの開発・運営を行ってきました。
2013年以降はスマートフォンゲームアプリの開発・運営に移行。
設立以来、一貫して右肩上がりの成長を遂げ、現在ではクリエイター集団へと育っております。
スマートフォンゲームアプリの開発に移行した直後の2014年にリリースしたゲームは、2017年までに500万ダウンロードを突破し、同社の認知度を一気に押し上げました。
求人に関するお問い合わせ
0120-410-470 マイナビクリエイター事務局 受付時間 9:15~17:45

サイト上では、求人情報の一部のみをご紹介しています。さらに詳しい求人情報については、転職支援サービスにご登録後、キャリアアドバイザーよりご案内いたします。すでにお申し込みがお済みの方は、電話、もしくは、メールにてお問い合わせください。

【京都】ライツ担当(商品企画、グッズ制作、監修)の転職・求人情報

マイナビクリエイターは、これまでに培った実績から、Web職・ゲーム業界の転職・求人情報を、企業から豊富にお預かりしています。このWebサイトでは、【京都】ライツ担当(商品企画、グッズ制作、監修)の求人情報の他にも、職種(Web職・ゲーム業界・システム系)、年収、勤務地、雇用形態、キーワードなど、あなたの希望条件に絞って求人情報を探すことができます。業界トップクラスの数を誇るマイナビクリエイターの転職・求人情報の中から、あなたの希望に合う求人をぜひお探しください。

人気一覧から求人を探す
人気キーワードから求人を探す
人気の求人
新着求人
社名公開企業の求人から探す
おすすめ記事コンテンツ
初めての方へ
企業の皆さまへ
ソーシャルメディア
TOPへ戻る