退職願と退職届の違いとは?フォーマットを参考に書き方を押さえよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

会社に退職の意思を伝える際は、退職願または退職届けを会社に提出しなくてはなりません。そこで、ここでは正しい退職願・退職届けの書き方や提出のしかた、提出した後のことなどについてまとめてご紹介します。

退職願と退職届けの違い

最近では「退職願」と「退職届け」の違いについて一般的な認識が、ややあいまいになってきているようです。本来このふたつは大きく性質が異なります。「退職願」は会社(あるいは経営者)に対して退職を願い出る(ということは、却下される可能性もある)ための書類であり、「退職届け」は会社に退職の可否を問わず、自分の退職を通告するための書類です。

民法の第627条では、労働者の一方的な意思表示によって一定期間の後に会社を退職できることが認められています。雇用の期間に定めのない正社員の場合、雇用は労働契約の解約の申し入れ(退職届の提出)日から2週間の経過によって契約が終了します。ですから、法的な権利関係だけに目を向ければ退職願を提出する義務はないことになります。しかしそのような一方的な通告では会社と自分との間にトラブルが発生したり、感情的なしこりを残したりする危険性もあります。そこで円満退社のためには、突然会社に退職届けを提出するのではなく、退職願の形でできるだけ早い時期に退職の意思を会社に伝えたほうがいいでしょう。一般的には、口頭で直属の上司に退職の意思を知らせ、会社の内諾を得てから退職願または退職届けを提出するという形になります。

なお、退職願は会社からの慰留などによって撤回することが可能ですが、退職届けは一方的な通告ですから、一度受理されてしまうと自分の意思で撤回することはできなくなります。

「退職願」と「退職届け」のフォーマット

退職届け・退職願いともに様式・文面はほとんど共通しています。退職の意思・退職の日時を告げる以外の情報は書かないのが一般的です。

退職届け・退職願は原則として手書きをします。Wordで書いた退職届けをPDFファイルにして社内グループウェア経由で上司に提出したWebクリエイターがいるという話もありますが、いくら時代の先端の業界で働いていても、こうしたことはできるだけ伝統的な社会の慣習に従うべきだと思います。「退職願」「退職届け」の具体的な文例は以下のようになります。

退職願 退職届のフォーマット

退職届 退職願

書き方のポイント

  • 一行目の「退職願」「退職届け」は、便せんの天地の中央よりやや上に書きます。(横書きの場合は中央)
  • 二行目の「私事(または私儀)」は、便せんの下(横書きの場合は右端)に書いて改行します。
  • 年月日は和暦でも西暦でもかまいませんが、縦書きの場合は漢数字(一、二、三)を使いましょう。
  • 所属部署を書く際、役職名は必要ありません。
  • 自分の氏名は、所属部署名の次行の下(横書きの場合は右)に書きますが、捺印のためのスペースを空けておきましょう。
  • 代表取締役(社長)に宛てる体裁とし、代表者の肩書と氏名は文末に書きます。敬称は様または殿が一般的です。

また、退職願・退職届けを収める封筒は表面に「退職届(願)」とだけ書き、裏面の左下に所属部署名・氏名を書きます。

意思を伝えてから提出する

退職願・退職届けは直属の上司に手渡しで提出します。提出するタイミングは勤務時間を避け、休憩時間や終業後にしましょう。また、突然提出するのではなく、先に口頭で退職の意思を伝えましょう。それから、渡すようにします。ただ、上司があなたの退職願・退職届けを受理してくれず、慰留される可能性もあります。上司からの留意に対しては感謝の気持ちを表しながら、自分の辞意が固いことをはっきりと伝えましょう。

周囲への気配りも忘れずに

退職願・退職届けを直属の上司に提出すると、その情報はさらに上層部へと伝えられます。「うちを辞めて、その後はどうする?生活できるのか?」などと心配して声をかけてくれる上司もいるかもしれません。

転職先が決まっていたとしても、退職の日を過ぎるまでは原則として社内の誰にも転職先の社名などを告げるのは避けたほうがいいでしょう。こうした情報は社内外に広まりやすいため、うわさに尾ひれがついて社内はもとより転職先の会社にもあらぬ誤解を受ける可能性がゼロではないからです。

また退職の意思についても、直属の上司に伝えるまではほかの社員に話すべきではありません。退職のアナウンスは退職を希望する書類が会社に正式に受理されて、上司からほかの社員に発表されるような形が望ましいでしょう。

まとめ

どのような理由であれ、仲間が会社を去って行くのを見送るのは寂しいものです。また、上司や同僚は心配や羨望といった複雑な感情が働く場合もあるでしょう。このように退職を巡る心情は極めてデリケートなものですから、退職届けを提出した後は周囲の人に対して気配りを忘れないようにしましょう。

サービスに関するお問い合わせ
0120-410-470 マイナビクリエイター事務局 受付時間 9:15〜17:45

サービスに関してご不明な点がありましたら、マイナビクリエイター事務局までご連絡ください。

Facebookページ - クリエイティブ・ティップス
Web・ゲームクリエイターにとって、少し得した気分になるティップス(情報)を配信しています。

退職願と退職届の違いとは?フォーマットを参考に書き方を押さえよう

マイナビクリエイターは、マイナビが運営するWeb職・ゲーム業界専門の転職支援サービス。自己分析や面接対策のサポート、履歴書・職務経歴書・ポートフォリオの添削、スケジュール管理、内定後の企業との条件調整など、全て無料で行います。このページでは、「退職願と退職届の違いとは?フォーマットを参考に書き方を押さえよう」についてご紹介しています。転職支援サービスのご利用が初めての方も、まずはお気軽にご相談ください。

転職ノウハウ
転職ノウハウ他記事一覧
おすすめ記事コンテンツ
初めての方へ
企業の皆さまへ
ソーシャルメディア
TOPへ戻る