転職活動は仕事しながら?退職してから?そのメリットデメリットを考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職は、企業という相手があることなので、なかなか自分の思うようにはいかないことも多々あります。転職活動を始めて、すぐに思うような転職を実現できる人もいれば、なかなか「これだ!」という会社に出会えない人もいます。

転職活動 在職中 退職後内定をもらえるまでの期間が不確定であるというリスクを考えると、収入がある「仕事をしながら転職活動」の方が、まったく収入のあてがなくなる「退職してから転職活動」よりも安全といえます。

しかし、「退職してから転職活動」の方が、一日一日をフル活用でき、転職活動に没頭できるといったメリットもあるでしょう。このページでは、「仕事をしながら転職活動」と「退職してから転職活動」では、どちらが良いのか、そのメリット・デメリットを比較してみたいと思います。

仕事をしながら転職活動する

メリット

収入面が安定する

「とりあえず、収入が途絶える心配がない」これが、仕事をしながら転職活動する最大のメリットではないでしょうか。転職活動を開始するには、数ヶ月収入がなくても、生活に支障がないだけの経済的な余裕を持っておくのが理想的です。しかし、現実はなかなかそういうわけにもいきません。「働きながら水面下で転職先を探し、ボーナス時期に合わせて今の職場を辞め、新しい会社に移る」というのが経済的なリスクが最も小さく済む転職活動といえます。

じっくり転職先企業を選定できる

「仕事をしながら転職活動」で、もう1つのメリットは、もし計画的に転職活動を進めることができれば、自己分析や業界研究・企業研究にじっくり時間をかけられるということでしょう。

企業研究を進めるうちに「希望するポジションに採用されるためには、自分のスキルに不足している点がある」と思えば、プライベートな時間にそのスキルに磨きをかけることも可能です。また、クリエイターのスキルには、「日常の仕事では養うことのできない」スキルもあるはずです。平日はしっかり働きながらも、夜間や休日などを利用して、スキルアップの勉強時間に当てるなどして、効率的な時間の使い方を意識してみると良いでしょう。

「仕事をしながら転職活動」では、いつまでに転職を完了しなくてはならないという時間的制約がありません。その分、じっくり腰を据えて理想の転職を実現させるために、周到に準備を進めることができます。一方で、制約がないために、気持ちに緩みが出てくることも考えられます。しっかりと自己管理をして転職準備を進めていきましょう。

デメリット

面接スケジュールが立てにくい

仕事をしながら転職活動するデメリットとしては、「平日の勤務時間中に動きにくい」という点があげられます。応募先の企業が週末などで面接をしてくれれば問題ないのですが、なかなかそういう企業だけではありません。1回や2回の面接なら、有給休暇を取って対応することも可能ですが、何社も面接を受けるとなると、頻繁に休暇を取る理由を考える必要が出てきます。

「近々退職するつもりで、転職活動をしている」と会社に報告していれば動きやすいかもしれません。しかし、現実的には難しいでしょう。もし言ってしまえば、上司や同僚などとの関係がギクシャクしたものになるだけなく、社内での居心地が悪くなったり、勤務評価も厳しいものになりかねません。

こうしたことを考えると、いかに無理なく平日の日中に会社を休めるかが、「仕事をしながら転職活動」で成功するための大きなポイントといえるでしょう。

退職してから転職活動する

メリット

自分を見つめ直す余裕が持てる

もし、経済的状況が許すのであれば、一旦、現職を退職してから転職活動をスタートするのは悪くはありません。そして、退職してから転職活動をする最大のメリットは、「自分を見つめ直すいい機会になる」ということです。

転職によって大きな飛躍を目指したいのであれば、気持ちの切り替えは大切です。心身をリフレッシュし、自分が魅力的な人材であることを採用担当者にアピールする準備を整えましょう。

特にWeb・ゲームクリエイターは、自己分析をしながら、1か月くらいポートフォリオの作り込みに没頭するなどの創造的な作業に時間を使っても良いですし、前職の在職中にやりたくてもできなかった、自分のクリエイティブ能力を証明するための材料になる作品を完成させるのも良いでしょう。

デメリット

精神的な焦りが生じやすい

クリエイティブ職に限りませんが、転職先が決まっていない状態で会社を辞めてしまうと自己管理が非常に難しくなります。

特に、Web・ゲームクリエイターのような激務から急に解放されたような場合、今までの心身の疲れが一気に吹き出したり、気持ちにポッカリと穴が空いたような虚脱感に襲われることもあります。これは、想像以上に大きいものです。それを防ぐには、毎日決まった時間に起き、企業研究や応募書類の作成を計画的に進めるといった規則のある生活を送ることが重要です。

とは言っても、「なかなか思うような転職先に巡り会えない」「書類選考すら通らない」「最終面接でいつも落とされる」などといった状況が続くと精神的な焦りが生じ、生活が乱れやすくなります。また、収入がない場合には経済的な不安も拍車をかけます。その結果、転職に対するモチベーションのダウンにつながることも少なくありません。これが「退職してからの転職活動」の最大のデメリットといえます。

まとめ

キャリアアドバイザー 大内 大作仕事をしながら転職活動、退職してから転職活動、それぞれに上記のようなメリット・デメリットがあります。ただ、どちらにしても共通して言えるのは、以下の2点ではないでしょうか。

  • 自分管理を徹底する
  • 計画的に転職活動を進める

もちろん、私たちのような転職支援サービスであれば、専任のキャリアアドバイザーと二人三脚で転職活動を進めるため、一人で行う転職活動よりも、容易に上記2点を満たすことができるでしょう。

応募書類の添削やスケジュール管理、求人企業への応募(推薦)も、コンサルタントが代行します。仕事をしながら転職活動を進めたいクリエイターの皆さまがたくさんご利用してくださるのも、これらのメリットがあるからだと思います。理想の転職を実現させるため、ご活用いただければと思います。ぜひお気軽にご相談ください。

サービスに関するお問い合わせ
0120-410-470 マイナビクリエイター事務局 受付時間 9:15〜17:45

サービスに関してご不明な点がありましたら、マイナビクリエイター事務局までご連絡ください。

Facebookページ - マイナビクリエイター編集部
Web・ゲームクリエイターにとって、少し得した気分になるティップス(情報)を配信しています。

転職活動は仕事しながら?退職してから?そのメリットデメリットを考える

マイナビクリエイターは、マイナビが運営するWeb職・ゲーム業界専門の転職支援サービス。自己分析や面接対策のサポート、履歴書・職務経歴書・ポートフォリオの添削、スケジュール管理、内定後の企業との条件調整など、全て無料で行います。このページでは、「転職活動は仕事しながら?退職してから?そのメリットデメリットを考える」についてご紹介しています。転職支援サービスのご利用が初めての方も、まずはお気軽にご相談ください。

転職ノウハウ
転職ノウハウ他記事一覧
おすすめ記事コンテンツ
初めての方へ
企業の皆さまへ
ソーシャルメディア
TOPへ戻る