A4かA3か?ポートフォリオに最適なサイズは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

A4 A3ポートフォリオは、転職の際、その見栄え自体も評価の対象となることから、紙のサイズや種類にもこだわりたいところ。しかし、実際にどれくらいの大きさの紙で作成することが最適なのでしょうか。そもそもポートフォリオの作成サイズにルールはあるのでしょうか。

もちろん一般的に言えば、A4やA3の大きさがよく使用されるでしょう。しかし、よく考えてみると、この2つのサイズには、共にメリット・デメリットがあることに気付きます。今回は、転職におけるポートフォリオの最適な用紙サイズや種類について考えたいと思います。

ポートフォリオのサイズでマイナス評価になることはない

結論から言うと、ポートフォリオに決められた形式はなく、このサイズだからといってマイナス評価を受けたり、このサイズで作ったら不正解といったことはありません。ただ、一般的には、A4かA3で作成されることが多いため(日常の印刷でもほとんどA4かA3でプリントするように)、特別個性的なポートフォリオを作成する時以外は、その傾向に沿って作成することが自然と言えます。

そこで、A4とA3を比較して、それぞれのメリット・デメリットを改めて確認しておきましょう。念頭に置いておくことで迷いもなくなり、作成の効率が上がることは良いことだと思います。

AboutA3

A3で作るメリット・デメリット

メリット

A3ポートフォリオのメリットは、A4に比べて、単純に作品が大きく見えるため、見た目の物質的インパクトが大きくなることは間違いありません。もともと大きな作品を見せたい場合は、その良さを損ねずに見せることができます。また、大きい分ごまかしもきかないということを活用して、作品に自信がある場合は、A3の方が細部まで採用担当者に表現が伝わりやすいというメリットもあるでしょう。

デメリット

A3ポートフォリオのデメリットは、A4に比べて持ち運びに手間がかかってしまうことが挙げられます。足を使い、自分を売り込む多忙な転職活動において、これは結構大きなハードルです。

また、個人で作成する場合には、家庭用プリンターなどで印刷すると、A4に比べてコストがかかります。サイズが大きくなることで色合いの重要度が増し、家庭用プリンターでは自分が望むほどの色合いが表現できないことも。そうなると色にこだわりたい時、民間の印刷サービスなどに依頼する必要があります。こう考えるとA4に比べて作業に要す時間もおのずと増えてしまうでしょう。

A3サイズは、やはり大きく作品を見せられるという点で、作品を採用担当者に強い印象を与え、対面型でじっくりと見てもらいたい場合に適したサイズと言えます。ただし、持ち運びが大変、コストがかかるといった難点もあります。A3でポートフォリオを作成する際は、こうした点を踏まえて着手しましょう。

AboutA4

A4で作るメリット・デメリット

メリット

A4ポートフォリオのメリットは、何よりも手軽さと管理がしやすいということです。家庭用プリンターなどでも手軽に印刷ができるため、スピーディにポートフォリオの作成や補充などができます。一般的なビジネスバッグでもA4が収まらないということはまずないでしょう。持ち運びにも便利です。また、企業側も多くの応募者のポートフォリオを一括で保管するため、管理しやすいサイズのA4を好まない人事部はどこにもいないでしょう。

デメリット

A4ポートフォリオのデメリットは、サイズの大きい作品の場合、無理にA4に縮小されてしまうため、実物よりも見栄えが劣ってしまう可能性があります。大きいからこそ生み出せていた良さがそこにあれば、かなりもったいないことです。縮小した時に、デザインの細部がよく見てもらえない可能性もあることを踏まえて、よく見てもらいたい部分をわかりやすく伝える努力をしましょう。ロゴなどの「小さくなってしまう。でもしっかり見せたい」というデザイン箇所は、その部分だけ拡大するといった工夫が大切です。

A4サイズは、持ち運びがしやすく、なおかつ一番広く使用されているサイズのため、何よりも管理側は助かるといった点でとても便利なサイズです。ただし、作品が大きい場合は縮小しなければならないため、実際の作品の見栄えが損なわれてしまう可能性も。自分の作品の良さがどこにあるのか、改めて振り返り、作品の印象がこぢんまりとしたものになってしまわないよう意識していきましょう。

マイナビクリエイター推奨 - A4とA3を両方作成し用途によって使い分ける

A4とA3の両方これらのことを踏まえ、ポートフォリオを「持ち込み用」と「送付用」で分ける方法もあります。

面接時など、対面した相手に直接見せる用として、大きなサイズ(A3)を用意する。そして送付する場合は送りやすい一般的なサイズ(A4)にする。これであれば、面接時に大きな作品を見てもらうことができるため、きちんと印象にも残ります。加えてストックに関しても、管理や補充に手間がかかりません。

マイナビクリエイターが取引させていただいているデザイン会社やWeb制作会社、ゲーム会社でも、ポートフォリオのサイズを指定してくる企業はほとんどありません。しかし見る側の目線に立って、ポートフォリオのサイズは企業に合わせて変えていくのも有効でしょう。サイズに決まりがない分、自分の作品の見せ方や企業の指示に合わせて柔軟に対応することが大切です。

ポートフォリオの印刷用紙には、やっぱりスーパーファイン紙

ポートフォリオを作る上で、用紙の性質によって作品の見栄えは変わってきます。用紙にこだわると、それだけコストはかかってしまいますが、せっかく作るのであれば自分の作品が一番よく見える用紙で作成する方が、よい結果への可能性は広がります。

ポートフォリオを作成する用紙でおすすめなのは、「スーパーファイン紙」です。デザイナー経験のある方からしたら当たり前かもしれませんが、これは普通紙に比べて良質のため、カラーがきれいに表現されます。実際にウィンドウで見る色味と印刷をした色味はどうしても差異が生じてしまいますが、用紙にこだわることでこの差をできるだけ小さくすることができます。また、用紙だけではなく、プリンターにもこだわることで、よりきれいな色味のポートフォリオを作成することができるでしょう。

見る人への配慮を考え、縦横の向きはそろえる

レイアウト向き サンプルポートフォリオのサイズに一定の決まりがないのと同様に、向きについても特に決まりはありません。横か縦かは自分の好みや作品の見栄えなどを考慮して決めましょう。ただし、ポートフォリオの中身を統一することは大切です。縦向きのページをめくったら、次は横向きで作品が載っているという形式になってしまうと、とても見づらいものになってしまいます。向き自体はどちらでもかまいませんが、必ず中の向きは統一するようにしましょう。

まとめ - キャリアアドバイザーからの一言コメント

キャリアアドバイザー 武山 玲奈ポートフォリオの各サイズのメリット・デメリットや、用紙の種類・向きなどについて紹介してきました。ごくまれに、ポートフォリオのサイズは大きければ大きいほどいいと言うクリエイターも多くいます。ただし、ポートフォリオはサイズによって、そのクオリティーが決まるわけではなく、結局は内容の充実度が大切であり、「相手にどれだけ自分の本質が伝わるか」です。採用の際、面接担当者はポートフォリオに載っている作品を見て、あなたの「今の実力」と「今後の可能性」を見極めます。その企業であなたと一緒に働けるのかどうかの人材的価値を判断するのです。

見やすいサイズや用紙の種類、レイアウトなど、相手に対する配慮を最低限押さえ、十分に中身で勝負ができるポートフォリオを作成することによって、より満足度の高い転職を実現していきましょう。

サービスに関するお問い合わせ
0120-410-470 マイナビクリエイター事務局 受付時間 9:15〜17:45

サービスに関してご不明な点がありましたら、マイナビクリエイター事務局までご連絡ください。

Facebookページ - マイナビクリエイター編集部
Web・ゲームクリエイターにとって、少し得した気分になるティップス(情報)を配信しています。

転職ノウハウ
おすすめ記事コンテンツ
初めての方へ
企業の皆さまへ
ソーシャルメディア
TOPへ戻る