Webライターってどんな仕事?担う役割と求められるスキルを知る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Webライターの仕事内容Webに掲載する記事を執筆する職業 - それがWebライター。「本業を持ちながら始めることができる」「在宅で仕事ができる」などのイメージから、今人気のある職種ですが、その実体は意外と知られていないようです。文章を書きWeb上に掲載される、それだけがWebライティングの仕事ではありません。以前、「紙媒体とWebメディアの違い - 雑誌ライターからWebライターへの転職はおすすめ?」ページでも、紙媒体のライターとの違いを書きましたが、今回はWebライターに絞って、その仕事内容や役割、求められるスキルについて、簡単にご紹介できればと思います。

そもそもWebライターとは?

Webライターは、クライアントからの依頼を受け、様々なWeb上に掲載する記事を書くライターのこと。ニュースやコラム、インタビュー、メールマガジンなどをはじめ、最近では運営者に代わってブログの文章を書くケースやECサイトなどで商品説明文を書くケースも増えており、ライティングの分野は多岐に渡っています。ジャンルも政治や金融といった高度な専門知識が必要なものから、グルメや旅行といった日常的な内容までと幅広く、非常に間口の広さが求められる仕事でもあります。

しかし、これだけ聞くと、紙媒体系のライターとの差はそこまで明確ではありません。

Webライターならではの特徴、それはやはりSEOライティングが代表的ではないでしょうか。紙媒体であれば、ライターは、「すでに雑誌や書籍を購入した読者の満足度をどれだけ高められるか」というミッションになると思いますが、Webライターの世界では、「そもそも読んでもらう(見つけてもらう)ためのライティングをする」ことがミッションです。詳しいSEOライティング手法の説明は、今回は置いとくとしても、これは、ライティングそのものの概念が違ってくるでしょう。

では、Webライターが企業で働く上で、どのようなスキルが必要になってくるのでしょか?担う役割と共にご紹介します。

Webライターが担う役割と求められるスキル

Webサイト制作の中でのWebライターの役割は、Webディレクターやプランナーが打ち出したページコンセプトに基づき、記事コンテンツを作成すること。Webサイトの構成によっては、情報のまとめやキャッチコピー、リード文の作成に特化した業務をすることもあります。

ここでは常に、クライアントが誰に対して何を発信したいのかを正確にくみ取り、情報を集め、テーマに沿った文章を書くスキルが重要になります。さらに、文章構成力や表現力などのライティングスキル、的確な資料を見つけ出す情報収集力、他のサイトからの文章コピーを行わないモラルなども、Webライターが備えるべき最低限のスキルと言えるでしょう。

「サイトのページコンセプトに基づいたコンテンツを作る」という仕事の性質上、Webライターの書く文章は、小説のような自由さは持ち合わせていません。先述した通り、Webライターに必要なスキルの一つは、ユーザに「見つけてもらう」文章を書かなくてはならないことです。そのためには、SEO全般の知識、つまりHTMLの構文知識、含有するキーワード最適化のノウハウ、さらにはサイト内のリンク施策など、検索エンジンやブラウザに対してフレンドリーな文章になるように考慮しなければなりません。

これらは、紙系とは「文章の質」そのものの定義が変わってくるもので、Web技術やWeb動向に明るくないとできるものではありません。また、現在では、クラウドサービス等で、Webライティングのフリーランス案件も溢れていますが、これらのようにWebライティングと言っても、本当に幅広い知識があってWebライターとして活動しているのか、もしくは、文章を書いているだけでWebライターを名乗っているのか、その差は大きいものです。一口にWebライターと言っても、そのスキルに幅があることをしっかりと見極めなくてはならないでしょう。

Webライターとして何を心がけて業務に臨むべきか

Webライターになるには、特に資格や特別なスキルは必要ありません。文章を書くこと自体は誰にでもできることであるがゆえに、Webライターには仕事として、インターネット上に文章を書いているという自覚が何より大切になります。未経験者はまず、「今書いている文章は何を目的とし、誰に向けたものなのか」を明確にしてライティングすることを心がけるとよいでしょう。一方、経験者は、それを踏まえてコーディングなどのWeb技術を習得したり、得意な分野を深堀できるようにジャンルを絞り込むなどして、レベルアップを目指すと良いと思われます。そして、専門分野についての豊富な知識を生かし、精度の高い記事を手がけていくことが、ステップアップにつながることになるでしょう。

まとめ - Webライターとして転職するために、企業が今、Webライターに求めている人物像を知ろう

Webという世界では、一度発信されたコンテンツは、そこで終わるのでありません。SNS等を通じ、横への広がりを見せていきます。キュレーションサイト等で他のコンテンツとの連鎖反応を起こす事もありますし、「炎上」といったWeb特有のリスクもあります。自身が生み出したコンテンツが、Webを通じてどう波及していくか…、上述の通り、雑誌などの紙媒体でのライティングとは全く土俵が異なります。

そんな中だからこそ、Webという場の特性を理解した上で適切なコンテンツを生み出し、効果的な発信が行なえる「プロ」の資質にこそ、Webライターととしての大きな市場価値が生まれます。

PV数の推移に注意を払い、アクセス解析から効果検証を行なうことのできる能力。Webメディアの特性を理解し、それを上手く活用していくための知見。キュレーションメディアやSNS等、次々に新しいWebメディアが生まれ、瞬く間に拡散していく中、今現場が求めるスキルは、「Webという世界で生き残れる資質を持ったライター」です。ただ単に「刺さる文章を書く」だけではありません。文章一つが「ユーザーの役に立つ」「ユーザーが必要とする」、そんなWebサイトの力を自在に変化させていく事のできる戦略の要としてのWebライターが、今、求められています。

マイナビクリエイターおすすめ求人!Webライターに関する求人情報

マイナビクリエイターおすすめ!Webライターに関するコンテンツ

この記事を書いた人

クリエイティブ・ティップス編集部

クリエイティブ・ティップス編集部は、運営元であるマイナビクリエイターのキャリアアドバイザーやアナリスト、プロモーションチームメンバーで構成されています。「人材」という視点から、Web職・ゲーム業界の未来に向けて日々奮闘中です。

サービスに関するお問い合わせ
0120-410-470 マイナビクリエイター事務局 受付時間 9:15〜17:45

サービスに関してご不明な点がありましたら、マイナビクリエイター事務局までご連絡ください。

Facebookページ - クリエイティブ・ティップス
Web・ゲームクリエイターにとって、少し得した気分になるティップス(情報)を配信しています。

カテゴリー
タグ
人気ブログ記事
最新ブログ記事
おすすめ記事コンテンツ
初めての方へ
企業の皆さまへ
ソーシャルメディア
TOPへ戻る