中途採用の面接でブランク期間をマイナス評価にさせない説明の仕方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

面接 ブランク 転職活動は、自分でコントロールできない要素で長期化してしまうことがありますが、その結果、思わぬ「ブランク期間」が生じてしまいます。

一般的に、退職してから次の転職先を探す場合、転職活動にはおよそ3ヵ月程度が必要です。これくらいの期間であれば、特にブランク期間として意識する必要はないでしょう。 しかし、退職後に3ヵ月を大きく超えるブランク期間が生じてしまった場合、面接担当者は「なぜこんなに期間が空いてしまったのか?」「その間に何をしていたのか?」などを気にしがちです。

原則として、採用面接では長いブランク期間が、プラスに評価されることはありません。どちらかといえば、評価の減点対象となります。 しかし、ブランク期間に必然性があり、有効に時間を活用していたことを面接担当者に納得してもらえれば、マイナス評価を限りなくゼロに近づけることはできるでしょう。

本記事では、「なぜブランク期間ができてしまったのか?」を合理的に説明でき、面接担当者に「なるほど、そういうことなら問題ありませんね」と納得してもらえるようなロジックとテクニックをご紹介していきます。

企業側のブランク期間に対する認識

特定の職種に限ったことではありませんが、一般的に企業は中途採用者に対して即戦力を期待します。これまでに培ってきたスキルや、さまざまな状況・問題に対応できる知識と経験、人脈、このような知的資産を活用して、採用後すぐに責任ある仕事を任せたい。これが企業側の人材ニーズでしょう。

しかし、前職の退職から長いブランク期間が空いていると、企業側は以下のような心配をせざるを得ません。

  • 仕事に対するモチベーションは維持できているか?
  • クリエイティブ職に欠かせない「勘」が鈍っていないか?
  • 最新の市場動向や技術に関する情報をキャッチアップできているか?

また、「転職活動を続けていたにもかかわらず、長期にわたって採用されない」という事情なら、以下のような事にも不安を感じます。

  • 人材としての魅力が乏しいのではないか?
  • 転職という非常に重要な事柄について、計画性が足りない人物ではないか?
  • 自分を過大評価しているために採用条件とミスマッチが生じているのではないか?(正しい自己評価ができていないのではないか?)

これらはいずれも企業側の「懸念事項」であり、これらのいずれかがあなたにあてはまるかどうかを面接で見極めようとします。 ですから、面接の場で「これらの懸念事項は自分にはあてはまらない」と、面接担当者に納得させることができれば、マイナス評価はされずに済むということになります。

また、不安を払拭するだけでなく、「ブランク期間を自分のブラッシュアップに役立てて、より人材的な魅力を増した」ことをアピールできれば、ブランク期間そのものはプラス評価されないまでも、トータルで自分を高く評価してもらうことは可能なはずです。

ブランクをマイナス評価させない話し方|NG例とOK例

  • ブランク期間に何をしていたのか?
  • なぜ長いブランク期間が生じたのか?

このような質問に対しての回答では、単に事実を述べるのではなく、「話し方」の組み立てが重要です。 ここでは、よくある回答の中から、代表的なNG例とOK例をピックアップしてご紹介しましょう。

NG セミナー参加やバイト体験などをしたことを羅列する
OK 何をしていたかを正直に話し、「それは自分にとって大きな意味があった」と説明する

面接の場で「前職を辞めてからずいぶん時間が経っていますね。何か理由があるのですか?」と質問されたとき、うかつな回答をしてしまい、ブランクを「単なる空白期間」ととらえられるのが最も怖いパターンです。それを防ぐためには、ブランク期間に意味を見いだし、「自分にとっては必要な期間だった」ということを採用担当者に納得してもらわなければなりません。

もっとも、これは後付けの理屈だけではかなりきびしいことも事実です。「なかなか転職活動がうまくいかず、焦燥しながら無為な毎日を過ごしていた」という事実があったあとで、採用面接のために急にもっともらしい説明を考えようとしても、抽象的で薄っぺらい説明になってしまいがちです。

そうならないためにも、就活中の時間を勉強やトレーニング、企業研究、業界研究などに計画的に活用し、その成果を面接の場でアピールできるよう準備をしておきたいものです。

NG 生活費を稼ぐためにゲームセンターでアルバイトをしていました(キャリアと無関係)
OK 以前から、アーケードゲームでユーザーが実際にどんな風に遊んでいるのかをリサーチしたかったので、ゲームセンターでアルバイトをしていました(キャリアにプラス)
その結果、得られたデータをこのようにデータ化してみました。今後のゲームづくりの際、〇〇の参考に利用できると思います(これからの仕事にプラス → 会社に貢献)

上記は、ゲームプランナーの話し方の一例です。ブランク期間が長くなれば、多少なりとも収入を得ようとアルバイトをするのは自然な成り行きでしょう。しかし、その目的がキャリアとは無関係に「純粋に生活費を稼ぐため」では、面接担当者は「業務スキルやモチベーションが低下していないか?」と不安になってしまいます。また「この人は自分の将来設計に対して無計画な人物かもしれない」という不安も払拭できないでしょう。

しかし、同じようにゲームセンターでバイトをしていたとしても、そこに目的意識があれば、その行動は意味のあるものになります。さらに「○○がわかりました」「○○を発見しました」と面接で成果を報告できれば、より説得力が増すはずです。

NG 採用が決まらずブランクが長くなりました
OK 前職退職時にブランクが長くなるかもしれないことを想定し、その間は〇〇をしようと決めていました。なかなかご縁がなく、予想以上にブランクが長くなってしまいましたが、その代わり〇〇という成果が得られました

クリエイター職は、職種によっては求人募集数そのものが少ない場合があります。また、当人のスキルの内容によっては、スキルを活かせる職場とのマッチングが難しく、やむを得ずブランク期間が長くなってしまうこともあるでしょう。

転職に際しては、誰でも「できるだけ早く、次の活躍の場を見つけたい」と願うものです。しかし、やみくもに焦るのではなく、腰を据えて自分の理想に近い転職を実現できる会社を見定める必要があります。

とはいえ、ブランク期間が長くなるにつれ、精神的な余裕が失われていくのも事実でしょう。次第に精神的に追い詰められていき、せっかく面接までこぎつけても、焦りや力みからうまく自分がアピールできず、結局不採用が続いてさらに焦る…という悪循環に陥ることだけは避けなくてはなりません。

このような負のスパイラルを避けるためには、次の仕事が決まらないまま前職を退職する場合、予め「ブランク期間に何をやるか?」を決めておくことが有効です。

学生時代とは異なり、社会人には数ヵ月単位といったまとまった休暇はありません。ブランク期間に「資格を取得する」「体系的な学習に取り組む」「自分のスキルを発揮して制作物を作る」などのテーマを設定しておくことで、時間を有意義に活用することができ、不必要な焦燥感にさいなまれることもなくなるでしょう。 また、こうした前向きな姿勢や計画性については、面接担当者からプラス評価を得られる可能性もあります。

理由別・面接での受け答え例サンプル

ブランクが長くなってしまった場合の就活では、必ず面接でその理由を語れるようにしましょう。前向きな理由があれば、ブランクがあったとしても決して不利にはなりません。言い換えれば、ブランクの理由を前向きな表現で面接担当者に伝えることができればOKということです。 では、ブランクの理由別に、伝え方のポイントを見ていきましょう。

資格取得の勉強のためのブランク

資格 獲得 勉強 資格を取得するためにスクールに通っていたことを伝えれば、ほとんどの面接担当者は「前向き」ととらえてくれると思います。だからといって、事実を伝えればOKではありません。働きながら勉強し、資格を取得している人もいるのですから、やはり「ブランクを懸念されている」という事実を踏まえた上で、自己PRすることが大切です。

面接担当者は資格そのものより、ブランク期間の過ごし方に注目しています。スクールに通ったり資格を取得したりといった事実は「勉強する意欲があり、それを形にする行動力もある証」として評価されるはずです。積極的にアピールしましょう。

ただし、単に「資格を取りました」「スクールで勉強していました」では弱いので、取得した資格やスキルが今後の仕事にどのように活かせるのか、といった将来ビジョンについても語れるようにしておいてください。

ケガ・病気の療養のためのブランク

ケガ 病気 療養 ケガや病気は本人の責任だけではありませんから、「体調管理がずさん」などと意地悪な見方をする面接担当者はほとんどいないと思います。ただ、クリエイティブのセンスや勘が鈍っていないかどうかは懸念されるところでしょう。 ケガや病状にもよりますが、療養中に何らかの情報収集をしたり、新たなスキルについて勉強したり、努力をしていたということはアピールしましょう。そして、現在は回復し、仕事の復帰に何の問題もないことを必ず伝えましょう。

仮に採用後も定期的な通院や検査が必要であれば、そのことは正直に申請しておくべきです。ただし、たとえば「〇週に1回通院する必要がありますが、それで仕事が滞ることのないよう、平日は〇分早めに出社して仕事を前倒しにするつもりです」など、仕事上で生じるデメリットに対する具体的なリカバリー方法についても提示できればベストです。

家族の介護・看病のためのブランク

家族 介護 看病 家族の介護や看病をしなくてはならないといった事情でブランクが長くなり、現在転職先を探しているのであれば、その家族がすでに回復した、もしくはほかに介護を引き受けてくれる人や施設が見つかったなど、仕事に復帰する環境が整ったことを意味すると思います。 面接担当者にも、しっかりとその旨を伝えましょう。その上で、「これからは全力で仕事に打ち込みたい」という意欲と熱意を示すことです。

出産・子育てでのブランクの場合も、子供に手がかからなくなった事実と、これからの意気込みを語りましょう。 また、ブランク期間に、自分がスキルを維持するためにどのような努力をしていたのか、証拠(成果物や研究資料など)を添えてアピールすることで、ブランクによるスキル低下の疑念を払拭できるでしょう。

キャリアチェンジの準備(留学など)のためのブランク

キャリアチェンジ 留学 「従来のキャリアに疑問を感じ、今後の人生への時間的投資をした」というような理由も、クリエイター職であれば納得しやすいものです。 「アメリカのWebマーケティング事情を研究するためニューヨークに留学していた」「世界的に通用するデザインを学ぶためフランスに留学していた」「クリエイティブの付加価値を高める統計学を勉強するため、ビジネススクールに通っていた」など、キャリアチェンジの準備にまとまった時間を費やしたという説明であれば、面接担当者も大いに納得してくれるはずです。 ただし、こういった説明を裏付けるためには、留学や通学によって得られた成果を目に見える形で提示できることが必要です。 例えば、「この貴重な経験によってWebデザインがこのように進化した」と作品を見せたり、「統計学を学んだことにより、KPI分析においてこのような手法を身に付けた」といった資料を提示したりといったアピールをするといいでしょう。

転職活動オンリーのブランクを語るサンプルトーク

上記のような理由がなくブランクができてしまった場合は、「転職活動に集中していた」ことを堂々と伝えましょう。面接に臨んでは、萎縮したり悲観したりしていても得になることはありません。実際にブランクの長さに引け目を感じていた応募者が、そんな自分を受け入れ、その理由を自信に満ちた態度で話せるようになった途端、転職が決まったというケースもあります。

実際にどう伝えたらいいのか、具体的なサンプルを紹介します。

マッチングを理由とした伝え方

従来のECサイトではなく、オウンドメディアのようにユーザーとのコミュニケーションを通じてLTV(顧客生涯価値)を最大化するようなECサイトを作りたいと思っていましたが、なかなか思いが通じず、ご縁がないまま転職活動が長期化していました。 御社が提供しておられるサービスは私の理想とする形態に近く、私のスキルがきっとお役に立てるものと思います。

ポイント:自分と企業とのマッチングが難しかったことを説明した上で、この会社なら自分のスキルが発揮できるという点をアピール。

人材的価値を高めたとした伝え方

結局のところ、次の仕事に対して迷いがあったために採用に至らずブランクが長くなってしまったのだと思います。思い切って自分のスキルの棚卸しに時間をかけ、仕事に対する思いを整理することで、この仕事にかける自分の情熱を再確認することができました。ブランクのおかげで精神的に強くなったと思いますし、自分にとっては必要な時間だったのではないかと前向きに考えています。

ポイント:「自分にはこのブランクが必要だった」ことを面接担当者に説明。そのブランクにより、人材的価値をより高められたことをアピール。

ブランクを思考転換期間とした伝え方

正直な話、転職活動を始めたころは、「自分を活かす」ことばかりを考えていたように思います。 そのため意欲が空回りしてしまっていたのかもしれません。しかし、業界研究や企業研究を重ねるうち、「自分を活かすとは、その会社で必要とされる人材になることだ」と気付いてから、どうすれば必要とされる人材になれるかを真剣に考えるようになりました。 御社は〇〇のような人材を求めていますから、私の〇〇の経験を活かして、貢献ができるのではないでしょうか。御社に必要とされる人材になれればと思います。

ポイント:ブランクを経たことによって、自分が大きく成長したことをアピール。面接では「会社に貢献したい」という意欲と、貢献できると考える根拠にアピールの主軸を置く。

ブランクを学習期間とした伝え方

かねてから〇〇に関する専門的な勉強をしたいと思っていました。将来、〇〇をやっていく上で、絶対に必要になると思ったからです。しかし、働きながら勉強時間を捻出することには限界があると判断し、思い切って前職を離れました。ある程度の勉強の成果を得るまでは転職すべきでないと考え、その結果、転職活動もあまり本格的には行いませんでしたが、勉強にも一通りの区切りがつき、成果を発揮できる職場を探し始めました。

ポイント:「ブランク期間にまとまった勉強をしていたため、本気で就活していなかった」ことをアピール。ただし、この主張を通すためには、面接担当者を納得させるだけの勉強の成果を提示することが必要です。

企業を探していた事を理由とした伝え方

転職にあたって、〇〇の企業文化を持つ会社にしかエントリーしないと決めていました。いろいろな会社の企業研究をしましたが、御社のような会社はほかにありませんでした。御社のような会社を探していたため、結果としてブランク期間が長くなってしまいました。面接の機会をいただいて心から感謝しております。

ポイント:「本当に転職したい会社を探していたためブランクが長くなった」という文脈で語ります。ただし、こだわっていた理由がありきたりのものではいかにも嘘くさくなってしまうので、オンリーワンのマインドや製品・サービスを持つ会社にだけ通用するテクニックです。

キャリアアドバイザーのアドバイス「有意義なブランク期間は今からでも過ごせます」

現在、転職活動中の皆様の中で、すでにブランク期間が長期化してしまった方や、長期化しそうだと予想されている方にキャリアアドバイザーからアドバイスしたいことがあります。

それは、「ブランク期間を有意義なものにするには、今からでも遅くない!」ということです。 もちろん「現在、すでに書類選考を突破して数日後に面接を控えている」というフェーズであれば、今からできる面接対策は限られています。この記事の中でご紹介したように、「話し方を工夫する」などの方法しかないかもしれません。

しかし、もしまだ書類選考の段階、あるいはこれから新たな会社にエントリーする段階であれば、次のような「説得材料」を準備する時間はあるのではないでしょうか。

Webディレクターの場合

ディレクションを進める上で、自分には〇〇という分野がウィークポイントだった。そこで、Web制作の全工程をブランク中に勉強し直し、体系的に網羅した。その裏付けとして○○Web検定に合格した。

Webデザイナーの場合

「リキッドデザインをどうECサイトに導入すればいいか」を研究したかったので、不用品交換というコンセプトのECサイトを実験的に作り、運営した。デザインの研究に加え、サイト運営者の視点を持つことで、今までの自分のデザインに欠けていた運用センスを身に付けることができた。

ゲームプランナーの場合

〇〇ジャンルのゲームで、現在アプリストアでダウンロード可能なゲームをすべてダウンロードしてインターフェースを比較した。このような試みは前職在職中も断片的にやっていたが、網羅的な研究ができたのはブランク中にまとまった時間が使えたから。この研究成果を基に、新しいインターフェースのアイディアを導入した企画書を作成したのでぜひ見ていただきたい。

面接において「ブランク期間が有意義だった」と証明できるのは、このような説得材料の提示が必要です。「家で本を読んで勉強していました」といった漫然としたものではなく、「具体的にどういう勉強をして、成果はこれです」と、経緯と成果をワンセットで見せられるかどうかということです。

次の面接までに準備できる「説得材料」には何があるのか?それを考え、今すぐ準備に取りかかる。 このような前向きな姿勢は面接担当者に必ず伝わりますし、「今すぐにやるべきこと」が決まることで、不安定な時間を持て余すことなく、真の意味で有意義な時間を過ごすことができるでしょう。

煮詰まりを避けるためにプロのパートナーを活用

どういう事情であれ、転職までのブランク期間は転職者のプレッシャーとなり、精神的な疲労を蓄積させる原因となります。 そういうとき、自分一人でモチベーションを保ち続け、計画的に有意義な時間を過ごすことは非常に困難です。

マイナビクリエイターのキャリアアドバイザーは、転職のプロとして有意義なブランク期間の使い方に対するアドバイスを提供するだけでなく、あなたのモチベーションを維持し、前向きな姿勢を保ち続けるためのメンタル面でのサポートもいたします。「ブランク期間の長さから転職の不安を感じている」という方は、ぜひ私たちにご連絡ください。きっとお力になれると思います。

サービスに関するお問い合わせ
0120-410-470 マイナビクリエイター事務局 受付時間 9:15〜17:45

サービスに関してご不明な点がありましたら、マイナビクリエイター事務局までご連絡ください。

Facebookページ - マイナビクリエイター編集部
Web・ゲームクリエイターにとって、少し得した気分になるティップス(情報)を配信しています。

転職ノウハウ
おすすめ記事コンテンツ
初めての方へ
企業の皆さまへ
ソーシャルメディア
TOPへ戻る