一人前のゲームディレクターになるために必要なスキルとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ゲームディレクターとして働く以上、より大規模な専門性の高い仕事をしてみたい!」今回は、そんなゲームディレクター、もしくは今後ゲームディレクターを目指すクリエイター達の参考になるような、一人前のゲームディレクターになるために必要なスキルを、簡単ではありますがご紹介します。

ゲームディレクター スキル

1人前のゲームディレクターになるための「必須スキル」

ゲームディレクターとして働く以上、もしくは目指す以上、最低限身に付けておきたい必須スキルとして、大きく以下の3つがあげられるでしょう。

  1. 発想力・企画力
    ユーザーが「おもしろい!」と思うゲームのビジョン(あるべき姿)を描く
  2. 伝達力・コミュニケーション能力
    開発チームを編成し、ビジョンを伝え、それに必要な目標を設定する
  3. 実行力・実現力
    開発チームの指揮を取り、目標を達成し、ビジョンを実現する

最近では、ゲーム業界でも担当業務の細分化が進んだことから、例えば、ソーシャルゲームの開発ならユーザー対応のスキル、何社ものディベロッパーと協力して開発を進めるような案件なら高度な交渉スキルが重視されたりと、会社の規模や開発するゲームの性質によって、専門的に必要とされる能力もあります。

これがあればさらに飛躍できる!?一歩先を走るゲームディレクターとして、習得しておきたい「注目スキル」

また、ゲームディレクターとして、一段高いレベルを目指すためには、さらに以下のようなスキルを持つことが大切だと思われます。

  1. トレンドを捕まえる力
    ゲーム開発の源になる企画を考える上で、今何が流行っているのかを的確に捉える力は、ゲームディレクターに不可欠な能力と言えます。
  2. プロモーションスキルとマーケティングスキル
    大規模なプロジェクトでは、プロデューサーが担当することが多いですが、少人数のプロジェクトではディレクターの仕事となることも少なくありません。そこで求められるのが、プロモーションスキルやマーケティングスキルです。この能力を身につけることができれば、ゲーム業界でのステップアップや転職時の幅も広げてくれます。
  3. モバイルアプリ・ソーシャルゲームへの対応能力
    急速に成長しているモバイルアプリやソーシャルゲーム。コンシューマーゲームに比べてユーザーからの反応が、ダイレクトに格段に早く返ってくるのが特性です。ここでは、ユーザー対応や分析、課金システムを熟知し、売り上げの管理をするスキルなどが求められます。モバイルアプリやソーシャルゲームに対応する能力を身につけることは、いっそうの活躍を目指すゲームディレクターにとっては有益でしょう。

ゲームクリエイターとして、自分の活躍したいゲームジャンルで、これらの必要となるスキルを身につけることは、ディレクターとしての経験値を高め、仕事の幅を広げてくれる第一歩になります。すでにゲームディレクターとして活躍されている方も、今後ゲームディレクターとして就業したい方も、これらのスキル習得のために、少し意識的に日々の業務に取り組んでみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

クリエイティブ・ティップス編集部

クリエイティブ・ティップス編集部は、運営元であるマイナビクリエイターのキャリアアドバイザーやアナリスト、プロモーションチームメンバーで構成されています。「人材」という視点から、Web職・ゲーム業界の未来に向けて日々奮闘中です。

サービスに関するお問い合わせ
0120-410-470 マイナビクリエイター事務局 受付時間 9:15〜17:45

サービスに関してご不明な点がありましたら、マイナビクリエイター事務局までご連絡ください。

Facebookページ - クリエイティブ・ティップス
Web・ゲームクリエイターにとって、少し得した気分になるティップス(情報)を配信しています。

カテゴリー
タグ
人気ブログ記事
最新ブログ記事
おすすめ記事コンテンツ
初めての方へ
企業の皆さまへ
ソーシャルメディア
TOPへ戻る