最終面接を通過するために押さえるべき3つのポイントとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職活動の総仕上げ「最終面接」では、自分の希望する部門のトップである役員や、場合によっては社長があなたを採用するかどうかの最終的な決断を下します。ここまで来れば、確かに採用の確率は高くなったと言えるでしょう。

しかし、最終面接での「詰め」を誤ってしまうと、これまでの努力が全て台なしになってしまう危険もあります。Webクリエイターやゲームクリエイターは、どのような姿勢で最終面接にのぞむべきでしょうか。このページでは、最終面接を通過するために押さえるべきポイントをご紹介したいと思います。

最終面接

最終面接(役員面接)を通過するために押さえるべき3つのポイント

Point1

会社の代表者と話すつもりでのぞむ

最終面接では、役員が面接官を務めるわけですから、相当なプレッシャーがかかってきます。その場の雰囲気や面接官に威圧されて、思うように自分がアピールできなかったり、自信のなさそうな印象を与えたりしてしまうという可能性も少なくありません。

一次・二次面接と同じようなことを聞かれた場合でも、こうした雰囲気の違いによって回答の内容やトーンが変わってしまうと、「話に矛盾がある」などというネガティブな評価をされてしまい、内定の方向性で進んでいた選考が白紙撤回されるリスクもゼロではありません。

そこで、最終面接には「この会社の代表者=意思決定者と話をする」という覚悟でのぞむべきでしょう。転職活動の詰めとも言える超重要段階です。内定をもらうまで油断しないよう、今一度気持ちを引きしめてのぞみましょう。

Point2

面接官は、社員としての基本や根幹を重視している

クリエイターとしての能力やスキルは、一次・二次面接で、おおむね評価が済んでいます。最終面接では、あなたの人間性やクリエイターとしての哲学など、より根幹的な面に着目されることが多いと思われます。

会社があなたを採用するということは、あなたを組織の一員として受け入れるということを意味します。会社の社風や文化に馴染むことができるか、会社の方針や決定に従うことができるのかといった「組織人」としての適性もチェックされるでしょう。

役員は、日頃から多くの社員を詳細に観察しています。最終面接の場ではあまり細かいことは話さないでしょうが、新入社員研修並みのチェック、つまり「服装」「身だしなみ」「振る舞い」「ビジネスマナー」「言葉使い」といった基礎からあなたを評価し直していると考えて間違いありません。新卒時の就職活動に戻ったつもりで最終面接への準備を整えましょう。

Point3

最終面接は、より具体的な回答を求められる

最終面接では、特定の質問を深掘りされることがあります。例えば、WebディレクターやWebデザイナーの最終面接では、以下のようなシビアな質問をされて、厳しいやりとりが続くことも珍しくはありません。

  • 役員:あなたは、弊社のメディアサイトAでどのようなことを実現したいですか?
  • 応募者:アクセスが増加し続ける質の高いサイトを目指したいです。
  • 役員:どうすれば、アクセスを増加することができるでしょうか?
  • 応募者:PDCAサイクルを回し、問題点を常に改善したり
  • 役員:それにはコストがかかりますね?
  • 応募者:はい。費用対効果を計算しながら、できる範囲で
  • 役員:その改善でどれくらい収益が伸びるとイメージしてますか?また、その収益の範囲内で、さらにどんな改善ができますか?

あなたは「意地の悪い質問だな」と感じるかもしれません。しかしこれは、役員は意地悪いわけでも、あなたを否定しているわけでもないのです。

ここで求められているのは「では、どうやってそれを実現するのか?」という具体的な方向性です。それが見えてこないから、役員は矢継ぎ早に質問をしているのです。

二次面接までは順調に進むのに、最終面接が突破できない

という人は、この壁にぶつかっている可能性が高いと思われます。

こういう時は、「問題をクリアするための具体的なアイディアが求められているのだな」と、できるだけ速く察知するべきでしょう。それがどの程度斬新で画期的、かつ現実的なものかによって、あなたのクリエイターとしての評価が定まると考えられます。

まとめ – キャリアアドバイザーから一言コメント

キャリアアドバイザー 宮本 早織最終面接は、会社とあなたが「仲間」になるかどうか、その最終合意をする場と考えることができます。ケアレスミスなどがないようガードを固めながら、話し合うべき点は十分に話し合うという前向き、かつ積極的な姿勢が大切です。

役員と意気投合したような場合は、つい調子に乗って自分の話ばかり延々と続けてしまう、というような失敗も考えられます。冒頭にも書いたとおり、最後の最後まで油断は禁物です。これまでの長い転職活動の総仕上げの思いで、完璧に最終面接を乗り切れるよう万全の準備をしておきましょう。

一次面接を通過するために押さえるべき3つのポイントとは?
二次面接を通過するために押さえるべき3つのポイントとは?

サービスに関するお問い合わせ
0120-410-470 マイナビクリエイター事務局 受付時間 9:15〜17:45

サービスに関してご不明な点がありましたら、マイナビクリエイター事務局までご連絡ください。

Facebookページ - クリエイティブ・ティップス
Web・ゲームクリエイターにとって、少し得した気分になるティップス(情報)を配信しています。

最終面接(役員面接)を通過するために押さえるべき3つのポイントとは?

マイナビクリエイターは、マイナビが運営するWeb職・ゲーム業界専門の転職支援サービス。自己分析や面接対策のサポート、履歴書・職務経歴書・ポートフォリオの添削、スケジュール管理、内定後の企業との条件調整など、全て無料で行います。このページでは、「最終面接(役員面接)を通過するために押さえるべき3つのポイントとは?」についてご紹介しています。転職支援サービスのご利用が初めての方も、まずはお気軽にご相談ください。

転職ノウハウ
おすすめ記事コンテンツ
初めての方へ
企業の皆さまへ
ソーシャルメディア
TOPへ戻る