採用面接での逆質問例50選まとめ - 逆質問は転職を成功に導くチャンス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

面接 逆質問採用面接の最後には、必ずといっていいほど「逆質問」の場が与えられます。一般的な採用面接は、面接官からの質問にあなたが答える形で進行します。そして最後に「あなたから何か質問はありませんか?」と質問のチャンスを与えられるわけです。

仮に、面接が全体的に盛り上がらなかった場合でも、逆質問の内容次第では自分を強くアピールすることができます。これは転職を成功に導く大きなチャンスとなるでしょう。

では、Web・ゲームクリエイターは、どのような逆質問が効果的なのでしょうか。どのように対策をすれば良いのでしょうか。

本記事では、前半ではおもに逆質問に関する全体的なアドバイスをさせていただき、後半では望ましい例・NG例を交えながら、実践的な逆質問例50選を紹介しています。解説も加えていますので、ぜひ参考にしてください。

逆質問の基本は、シチュエーション別に予め準備しておくこと

逆質問の基本は、事前にいくつかの質問内容を用意し、面接の流れ次第で最も自然、且つ効果的なものを選べるようにしておくことです。もちろん、シチュエーションに特定なものはなく、あなたが応募する企業の特徴を加味して準備しておくと良いでしょう。

  • 面接官が1人の時にする逆質問
  • 面接官が複数人の時にする逆質問
  • 面接官が人事部(採用担当者)のみの時にする逆質問
  • 面接官が現場のクリエイターのみの時にする逆質問
  • 現場クリエイターの上長が同席した時にする逆質問
  • 面接が事務的に進行し、突っ込んだやり取りがなかった時にする逆質問
  • 面接官と意気投合し、和やかな雰囲気で終盤を迎えた時にする逆質問

上記はあくまで一例ですが、このようなさまざまなシチュエーションを想定して逆質問を準備しておくことで、その場の空気に合った適切な逆質問を選ぶことができます。特に、Web職やゲーム業界だと、現場のクリエイターが実際に面接官となるケースが多々あります。人事部の採用担当者と現場のクリエイターとでは、違った角度から逆質問を用意し対策しておきましょう。

自分が採用されたら…というイメージを共有しよう

「自分がその会社で働くことになったら、これはどうなるか?」という仮説の質問をして、あなたがその会社で働いているシーンを面接官にイメージしてもらうというアプローチ方法があります。

  • 自己PRの時に、私の○○という経験についてお話しさせていただきました。この経験は、もし御社にご縁をいただいた時、どのような形で業務に活用できるとお考えでしょうか?
  • もしも採用していただけるとしたら、私はおそらく○○部門に配属されると思われます。最初はどのような仕事をさせていただけるでしょうか?

面接官がこのような質問に答えるためには、あなたがこの会社で働いているシーンを想像する必要があります。

あなたのポジションもポストも正式には決まっていないわけですから、面接官にも精度の高い予測はできないでしょう。しかし、仮定の質問にせよ回答しないわけにはいきませんから「どのように働いてもらおうかな?」と、前向きな想像に基づく回答がもらえると思います。

このアプローチ方法には2つのメリットがあります。1つは、「この人は当社で働くことに強い関心を持っているな」という印象を与えられること。そしてもう1つは、「あなたがこの会社で働いているシーン」のイメージが、面接官の印象に残りやすいことです。

面接官「個人」に訴える逆質問をして、自分の印象を強めよう

逆質問では、会社や職場全般についての質問が多くなりますが、「どうもこの面接官の心に響く話ができなかったな」という場合は、面接官個人に対する質問をぶつけるという手も考えられます。

  • ○○様から見て、御社で仕事をする上で気を付けるポイントや心得ておくべきことなどはあるでしょうか?
  • 御社の社風は○○だと伺っており、私もそれを魅力的に感じています。その上で何かそれを象徴するような具体的なエピソードなどあるでしょうか?

このような、面接官が自分で考え、自分で答えを出さなくてはならないような質問を投げかけることで、あなたに対する印象は、他の応募者よりもぐっと強まるでしょう。

ただし、面接中に面接官の人となりをよく観察しておき、気持ち良く回答してもらえるような質問内容にしないと、良い印象どころか、むしろ扱いにくい人材と悪いイメージを持たれるかもしれません。十分に気を使って質問を準備しておきましょう。

逆質問の中に、自分なりのメッセージを託そう

質問と同時に自分のメッセージを伝えることができたら、面接官は、あなたの意欲をより大きく受け止めてくれるでしょう。例えばWebデザイナーであれば、以下のような逆質問がいいでしょう。

本日は、私のこれまでのWebに関する実績やデザイン性をご紹介させていただきました。もしご縁をいただいた場合、入社までに、少しでも多くの準備をしたいと考えております。御社に貢献するためには、ほかにどのようなスキルや知識があったほうがいいでしょうか?

このような質問なら、面接官にあなたのデザインスキルやセンスを再認識させ、「アドバイスを求める」という形で、自己成長への意欲をアピールできるでしょう。また、Webディレクターの場合はこうです。

最近、アドテクノロジーについて勉強していまして、Web制作のディレクターとしてだけでなく、プロモーション領域でも貢献できるようにと思っています。御社ではこうしたプロモーションのノウハウも持ち合わせたWebディレクションは役に立つでしょうか?

上記のような質問の場合は、自分が勉強熱心なクリエイターであることをアピールすることも可能です。ただし、単なるスキル自慢と思われる危険性がありますから、事前にしっかり企業研究をしておいて、「このスキルを持つクリエイターを間違いなくほしがっているはずだ」という確信が持てた場合に限って質問しましょう。

逆質問の注意点を押さえよう

絶対に避けたい2つの逆質問!

逆質問の際に「どうしてもこれだけは絶対に避けたい」という質問が2つあります。

1つは「面接の中で1回説明されたことをまた質問してしまう」ということです。これは、採用担当者の話をちゃんと聞いていない証拠で、誠意のない人物であると判断される可能性が大きいでしょう。

もう1つは「事前にちょっと調べればわかることを質問してしまう」ということです。例えば、募集要項で「当社の社風」が詳しく紹介されているにもかかわらず「御社の社風はどのようなものですか?」と質問するのは、応募した会社の企業研究をまったくやっていないということをみずから言うのと同じです。「会社への興味が薄い証拠だ」と面接官に判断されてもやむをえないでしょう。

なるべく避けたい2つの逆質問!

また、話題が盛り上がらないことが見えているような、イエス・ノーで簡単に答えられる逆質問もなるべく避けましょう。そして、待遇などの労働条件に関する質問も、避けたほうが無難です。

一般に、逆質問では「自分が最も関心があること」を質問するのが定番です。労働条件や福利厚生などに関することを確認するのは、決して悪いことではありません。しかし、逆質問の時に労働条件などの話をしてしまうと、「この人の最大の関心事は当社や仕事内容よりもそこにあるのか」という誤解を招いてしまう可能性があるのです。

ただし、残業時間の多さなど、自分がどうしても気になるポイントについては「前職では月平均○時間以上残業をしていました。御社ではどれくらいでしょうか?」など、まず自分のことを話した上で質問するようにすればマイナスの評価にはなりにくいでしょう。

もし、どうしても確認しておきたい待遇や条件などがありましたら、それは面接時に直接聞くのではなく、私たちのようなキャリアアドバイザーが、面接後に企業からヒアリングしますのでご安心ください。

逆質問例サンプル50選まとめ(NG例を含む)

これまでのアドバイスを踏まえて、望ましいと思われる逆質問やNGな逆質問など、サンプル50選をシチュエーション別にご紹介します。

(望ましい例は◎、ケースバイケースだが概ね望ましい例は○、ややリスクありは△、NG例は×)

逆質問したいことが特にない場合(意気投合し、和やかな雰囲気で終盤を迎えた時)

01 × 特にありません。
02 × 御社の強み/弱点について教えてください。
03 十分納得できました。ぜひ御社にご縁をいただきたいと思います。
04 ●●部門の構成について教えてください。
05 私と同世代の社員にはどんな人がいますか?
06 ●●部門の上長はどのようなお人柄の方ですか?

「逆質問をしない」ということは、決してNGではありません。もちろん、面接でその会社への関心が高まれば、自然に質問したいことが出てくると思います。そして、逆質問は貴重な自己PRのチャンスでもあります。ぜひ活用するべきでしょう。とはいえ、面接の場が非常に充実しており「双方がよくわかりあえた」という満足度の高い空気になった場合、さらに自分を売り込むと空気がしらけてしまう可能性があります。

また、「逆質問をしないと失礼だから」と、無理に取ってつけたような逆質問をするのも考えものです。「そんなことを聞いてどうするの?」「質問のための質問で、本当に知りたいわけではないでしょう?」と思われるような質問なら、しないほうがましです。

もうひとつ、気を付けなくてはならない点として、「面接における定番質問を逆質問で返さない」という原則があります。もちろん、そこまでの会話の流れにもよるのですが、02のような「強みや弱点」などの典型的な定番質問をそっくり返すのは、非常に無礼な印象を与える危険があります。必然性がある質問の場合は、「なぜそれを聞きたいのか」という理由を添えましょう。

そして、この中で最も避けたいのが「特にありません」といった、ぶっきらぼうな返事です。これでは、相手に「会話を断ち切られた」かのような印象を与えてしまうでしょう。このような場合は「いいえ、十分納得できました。ぜひ御社にご縁をいただきたいと思います」など、謝意のこもった意思表示で面接を締めくくる手もあると思います。

なお、クリエイター職は専門性が高い職種ですから、採用された場合の配属先が企業研究の段階でほぼ特定できる場合があります。このような場合、「採用されたら配属されるであろう部門や上長のことを知っておきたい」と突っ込んだ質問をすると、意欲や興味の高さをアピールできます。特に「人柄」などについては、文書よりも対面型の会話のほうがニュアンスをつかみやすいので、できれば質問しておきたい事柄です。

自己PRを補足したい時にする逆質問
(面接が事務的に進行し、突っ込んだやり取りがなかった時)

07 ●●様(面接官)が仕事上で感動したエピソードを教えていただけませんか?
08 御社の社員の皆さんは、仕事にどんなこだわりを持っている人が多いですか?
09 社員同士が自発的に教え合うという気風はありますか?
10 御社で大きなチャンスをいただくためには、特にどんな分野の勉強をするべきでしょうか?
11 私のスキルや経験で不足に感じたところがあればお教えください。
12 前職ではチームメンバーの参画意識を高めるため、●●のような取り組みをしていました。御社ではどのような取り組みがありますか?
13 『この会社に入るなら、ここは覚悟しておけ』といった心構えはありますか?

面接官の気質やあなたとの相性、「たまたまそのときの雰囲気で…」などの事情から、面接が応募書類を読み上げるだけのような盛り上がりに欠けるものになってしまう場合があります。このような場合は、こちらからもう一度意欲を再アピールできるような質問や、相手の本音を聞き出すような質問をぶつけて「揺さぶりをかける」という方法が有効かもしれません。ただし、11のような質問は、相手によっては「挑発的」と受け止められる可能性も考えられます。面接官の性格やその場の空気をよく読んでから試してください。

面接官が現場のクリエイターのみの時や現場クリエイターの上長が同席した時にする逆質問

14 × 御社の経営戦略について教えてください。
15 × いつから働けますか?
16 × ●●について勉強したいです。勉強できる環境はありますか?
17 × 私には●●という資格があります。これは活かせますか?
18 × 現場の皆さんはどれくらい残業をしていますか?
19 × チーフになるには何年くらいかかりますか?
20 × 私には●●という実績があります。それにふさわしい仕事を任せていただけますか?
21 ●●様(面接官)の仕事上の信念を教えていただけませんか?
22 チームの強みは何でしょうか?私は●●ではないかと思っているのですが。
23 ここをもっと強化したい、というチームの課題はありますか?
24 現場の皆さんの1日のスケジュールを教えてください。
25 クライアントに対してはどのような姿勢で接しておられますか?
26 普段の職場の雰囲気はどんな感じでしょうか?活気にあふれていそうな気がするのですが。
27 仕事で、『やった!』という大きな喜びを感じたエピソードがあれば聞かせてください。
28 御社の○○はすばらしいと思います。それに関わることができるでしょうか?
29 私の働きぶりが認められれば、●●職/●●ポジションにチャレンジさせていただけますか?
30 採用された場合、どれくらいの期間や準備段階を経てチームに合流するのでしょうか?

面接が現場のクリエイターのみの時や現場クリエイターの上長が同席した時は、「現場の話が通じる者同士」という空気になる可能性が高いでしょう。クリエイター同士の場合は、「もっと現場の雰囲気をありありと感じたい・自分もそこに参加したい」という意欲のアピールが心に響きやすいと思われます。これは上長の場合も同様ですが、気安い雰囲気に流されて「なれなれしい」と感じられるような質問は避けてください。

なお、クリエイター職では、一般的に「資格」はそれほど評価されません。資格に関しては自慢と思われないよう、ポートフォリオなどの段階でさりげなく伝えるにとどめたほうが無難です。また、会社全般に関する質問や経営・戦略に関する質問は、別の機会にしたほうが、話が締まると思います(ただし、その場に別の部署の人がいる場合はこの限りではありません)。

面接官が人事部(採用担当者)のみの時にする逆質問

31 × 御社で中途採用者が不利な点はありますか?
32 × 御社のこれからの戦略を教えてください。
33 御社のクリエイター職に対する評価基準はどのようなものでしょうか?
34 コミュニケーションを活発にするための取り組みにはどのようなものがありますか?
35 御社で大きく成長する人材はどのようなタイプが多いですか?
36 私は他部門の人と交流するのが好きです。そういう社風はありますか?
37 上長に提案したい時、御社ではどのような提案の仕方を好まれますか?
38 御社が中途採用者に特に期待する点を教えてください。

人事部の人は事業戦略や経営に関するエキスパートではありませんから、32のような質問はふさわしくないでしょう。人事は「組織を円滑に運営する」ことと「人材をフル活用すること」を重視しますので、それに関連する逆質問が望ましいと思われます。そういう意味で、「和を大切にする人だ」という好印象が得られる3637のような質問は好ましいでしょう。

面接官が複数人の時にする逆質問

39 × ●●様(面接官)にお聞きしたいのですが…。
40 今後の海外での営業戦略についてお聞かせください。
41 御社の最大の強みは●●だと思っていますが、これを活かして今後どのような展開をお考えでしょうか?
42 御社の戦略を実現する上での課題についてお聞かせください。
43 ライバル企業である●●社と差別化を図るため、どんな取り組みをしておられますか?
44 社員の●●力を高めるため、何か特別な取り組みはされていますか?

面接官が複数人の場合、逆質問に対して誰が答えるかは先方が決めることです。よほどの必然性がない限り、39のような質問の仕方は避けたほうがいいでしょう。こういう場合に質問したいのは、「全社に共通するビジョンや理念、企業文化」などに関する項目です。ただし、そうした質問への回答はすでにコーポレートサイトなどに記述されていることが多いので、企業研究の段階で見落としのないよう注意が必要です。

役員面接・社長面接での逆質問

45 × 御社でクリエイター職として活躍するためのポイントを教えてください。
46 × ライバルの●●社と比べて、御社の●●の部分がウィークポイントだと思うのですがいかがでしょうか?
47 御社のIR資料を拝見し、特に●●の期間の飛躍が著しいように感じました。これはどういったことが功を奏したのでしょうか?
48 今後、御社の主力となるサービスはどの分野だと予測されていますか?
49 御社の理念である●●は、代表者様の●●という理念や会社沿革の●●といったことから培われてきたのだと理解しています。しかし、ちょっとわからなかったのは…。
50 御社のビジネスモデルの特徴は●●にあるのではないかと理解しています。このモデルに至った経緯をお教えいただけないでしょうか?

45の質問がNGなのは、現場の人に聞くような具体的な質問を、役員や経営者に投げるべきではないからです。また、こうした立場の人は、ネガティブな質問を好まない傾向があります。そういう意味で46のような質問も避けたいところです。

ただし、ネガティブな質問を好まないということと、「つっこんだ質問を嫌う」ということは違います。そういう意味で、4950のような質問は「おっ、よく当社を研究してきたな」と評価される可能性が高いでしょう。

47が△なのは、クリエイター職として掘り下げるポイントとして、ずれている可能性があるからです(経理職や営業職なら当然の質問かもしれません)。クリエイターが経理的な質問をしてはいけないというわけではありませんが、せっかく上層部の人に質問できる機会ですから、もっと自分と関わりの深い部分を掘り下げたほうが好印象でしょう。

まとめ - キャリアアドバイザーから一言コメント

キャリアアドバイザー 武山 玲奈 ここまで説明してきたことでおわかりいただけたかと思いますが、逆質問は「相手にとって好ましい・答えやすい質問」をしたほうが面接の場の雰囲気が盛り上がり、あなたに対する印象も強くなります。「自分ならこの質問に対してこう答えるだろう」とイメージできるような質問を選ぶことで、相手が答えやすくコミュニケーションを活発にするのに役立ちます。

ただし、逆質問にふさわしい話題は、それまでの話の流れや場の空気に大きく左右されますから、「一般的には望ましい質問だが、この場ではふさわしくない」ということが多々あります。

また、その場でパッとひらめいた質問をするのもいいのですが、そうした発言は「言った瞬間は気の利いたもののように思えたのだが、実は回答が非常に難しい質問だった。あるいは相手を不愉快にさせるようなものだった」ということがよくあります。

このため、できるだけ多くの逆質問の引き出しを、事前に準備しておいたほうがいいでしょう。

逆質問は、「準備こそ大切」です。初めての転職などでは、不明な点が多々あるかと思いますが、ぜひ、本記事でお伝えしたノウハウをお役立てください。

サービスに関するお問い合わせ
0120-410-470 マイナビクリエイター事務局 受付時間 9:15〜17:45

サービスに関してご不明な点がありましたら、マイナビクリエイター事務局までご連絡ください。

Facebookページ - マイナビクリエイター編集部
Web・ゲームクリエイターにとって、少し得した気分になるティップス(情報)を配信しています。

転職ノウハウ
おすすめ記事コンテンツ
初めての方へ
企業の皆さまへ
ソーシャルメディア
TOPへ戻る