面接の心得とは?面接担当者は、個性だけでなくあなたの社会性も重視する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

採用面接では、面接担当者は限られた時間であなたの能力や資質、人間性などについてできるだけ多く知り、適正な評価をしたいと考えています。クリエイターといえども、企業の一員として働く以上「すぐれた才能やセンスさえあればいい」というわけにはいきません。面接担当者は、「当社の一員となるにふさわしいかどうか」という基準であなたを評価します。では、そのポイントとはどのようなものでしょうか?

ビジネスマナーとコミュニケーション能力

問われるビジネスマナーとコミュニケーション能力

応募企業の規模やあなたが希望するポジションによっても事情、程度は異なりますが、多くの企業において中途採用の人材に対しては「ビジネスマナーとコミュニケーション能力」を重視します。これは営業職に限らずWeb職・ゲーム業界でも同様です。

例えば、受託案件を扱うWeb制作会社のWebディレクターの場合、クライアントと直接打ち合わせをするようなケースが数多くあります。そういう席において、ビジネスマナーを知らなかったり、礼儀正しい言動ができなかったりすると、クライアントとの信頼関係が構築できません。それどころか会社そのものの評価を引き下げてしまうリスクすらあります。
また、クライアントのニーズを引き出したり、クリエイティブのコンセプトを正しく伝えたりといったコミュニケーション能力を持ち合わせていなくては、業績に大きなマイナスです。

ビジネスマナーやコミュニケーション能力が重要なのは社内においても同様です。今日では、一つのWebサイトを構築するにあたり、マーケティング・システム・クリエイティブ制作など、多くの担当部署が携わるのが一般的です。

応募企業をどれくらい研究しているのか

転職活動では、転職希望先を選ぶにあたり、候補企業を絞り込むために企業研究を行うのが一般的です。
こういう際に「自分の企業条件ありき」で候補を絞り込んでいくと、対象企業がどんな企業なのかよくわからないままに応募してしまうということも考えられます。

もちろん、転職先を選ぶにあたって希望条件の合致する企業を選ぶことは大切です。しかしそれはあくまでも自己都合。相手の企業にとっては、条件面だけで採用を希望するよりも「この会社でこんな風に働きたい。どんなビジョンを実現したい」という意欲を面接担当者に伝えたほうが好印象を与えるに違いないでしょう。

それをアピールするためには、応募企業がどのような会社かできるだけ詳しく知っておいたほうがいいのではないでしょうか。コーポレートサイトの隅々にまで目を通し、会社概要、会社のビジョン、沿革、カルチャー、経営者のメッセージなど、およそのことを頭に入れておきましょう。

また、インターネットで、応募した企業名で検索をかけると思いがけない情報を得られる場合も少なくありません。面接の席でそれを話題にすれば「うちの会社にここまで関心を持ってくれているのか」という好意的なインパクトを与えることができる可能性があります。

応募企業が抱える課題とニーズは?あなたが即戦力になれるのはどんな分野か?

企業には中長期的計画のほかに当面の課題や目標があります。中途採用者に対しては即戦力としての期待も大きいので、「将来はどういう夢を実現したいか」といった中長期的なビジョンのほかに、直近でその会社が必要としている人材として働けるかどうかに面接担当者は大きな関心を持っています。

自分の経験やスキルによって、現在その企業が抱えているニーズに応えたり問題解決に役立ったりすることができないか。「この会社で働く」ことを前提に、そういった話し合いができれば面接の場をさらに意義深いものにできるのではないでしょうか。

組織は人と人で成り立つもの。自分と異なる意見を持つ他者を尊重できるか?

面接でのアピールポイント クリエイターにとって、自信や個性は非常に重要です。しかし、自分に自信がありすぎて、自分とは異なる意見を持つ人に対して攻撃的、否定的であったり、自分の意見を主張しすぎてほかの人の意見に耳を傾けなかったりといった欠点は、組織を構成する一員としては致命的です。
しっかりとした自分を持ちながらも、他者を自分と同じように尊重できるか。これはクリエイターだけでなく、社会人としても非常に重要なポイントです。

まとめ

面接担当者は、あなたをできるだけ総合的に評価しようとします。その要素の中にはあなたの才能やスキルだけではなく、身だしなみ、言葉使い、態度などから、あなたが新しい仕事に対してどれだけの熱意を持っているか、この会社で働きたいという強い意欲があるか、社会人として、企業人としての責任感があるかといった点も含まれます。
ここに掲げたポイントは非常に重要ですが、それ以前に「社会人として、誠意ある姿勢で面接に臨む」という基本的なマナーも忘れないようにしてください。

サービスに関するお問い合わせ
0120-410-470 マイナビクリエイター事務局 受付時間 9:15〜17:45

サービスに関してご不明な点がありましたら、マイナビクリエイター事務局までご連絡ください。

Facebookページ - クリエイティブ・ティップス
Web・ゲームクリエイターにとって、少し得した気分になるティップス(情報)を配信しています。

面接の心得とは?面接担当者は、個性だけでなくあなたの社会性も重視する

マイナビクリエイターは、マイナビが運営するWeb職・ゲーム業界専門の転職支援サービス。自己分析や面接対策のサポート、履歴書・職務経歴書・ポートフォリオの添削、スケジュール管理、内定後の企業との条件調整など、全て無料で行います。このページでは、「面接の心得とは?面接担当者は、個性だけでなくあなたの社会性も重視する」についてご紹介しています。転職支援サービスのご利用が初めての方も、まずはお気軽にご相談ください。

転職ノウハウ
転職ノウハウ他記事一覧
おすすめ記事コンテンツ
初めての方へ
企業の皆さまへ
ソーシャルメディア
TOPへ戻る