転職回数が多くても不利にならない面接での受け答え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

面接 転職回数 クリエイター職は、他の職種に比べるとスキルや経験が重視されることから、「多少転職回数が多くても気にしない」という企業が多く見られます。とはいえ、現実問題としては「転職回数の多さ」をプラスに受けとめてくれる企業はごく少数です。このため、転職希望者の中には「自分は転職回数が多いから転職市場ではネガティブに評価されるのでは?」と心配する人も少なくありません。

また、企業側も面接の場で、「あなたは転職回数が多いですね。何か理由があるのですか?」といった質問を投げかけてくる場合があります。これは、「転職回数が多い人=当社でも長く続かない可能性が高い人ではないか?」という不安を感じるからです。

転職回数の多さをマイナス評価につなげないためには、面接担当者に、「転職回数の多さには必然性があり、自分の人材価値にプラスになっている」ということを説明し、納得してもらう必要があります。 そのためには、実際の採用面接でどのような受け答えをすればいいのでしょうか。

転職回数に対する欧米と日本の認識の違い

あなたは、転職回数が何回以上であれば「多い」と感じますか?もちろんこれには個人差があり、「3回で多い」と思う人もいれば、「5回でも気にならない」という人もいるでしょう。

一般的には、20代で3回以上、30代で5回以上の転職経験がある場合に、「転職回数が多い」と認識されているようです。私達マイナビクリエイターが実際に取引させていただきく中でも、企業の人事担当者は概ねそのような認識を持ってると言えます。

オーストラリアやシンガポールを含む欧米文化圏では、転職回数が多いことは「キャリアアップを真剣に考えた証拠」「チャレンジ精神旺盛な積極的な人」と評価され、むしろ経験の豊かさを歓迎される傾向があるのですが、日本では「仕事が続かないのでは?」「忍耐力がないのでは?」などと、採用に難色を示されることがあります。

最近は日本でも「労働力の流動化」が叫ばれ、いずれは転職回数の多さが転職におけるプラス要因になる日が来るかもしれません。しかし、日本と欧米では社会制度や国民性が違うため、企業側に「転職回数をプラスに考えてほしい」と望んでも、すぐには現実的ではありません。

転職回数に関する考え方の比較図 クリエイター職であっても、転職回数の多さは人材評価のプラス要因にはなりません。 面接対策アドバイスで、「ポジティブな理由を説明できれば、転職回数の多さもプラス要因になり得る」などという楽観的な話を耳にすることもありますが、実際問題としては例外的なケースだと思われます。

ここはむしろ、「転職回数の多さはプラス要因にはならない」と腹をくくった上で、「転職回数の多さをいかにマイナス評価させないか」という、守備的な姿勢で面接に臨むべきでしょう。面接では、元々「減点方式」で評価される「転職回数が多い理由」。いかに失点を最小限にとどめて、次の話題に進むかを心掛けるようにしましょう。

転職回数を面接でポジティブに変換するノウハウ

ここでは、面接で転職回数について答える際に、どのような考え方で答えればいいのか、実際の回答例とともに紹介していきましょう。

NG すでに6回も転職してしまった。「なぜなら〜」
OK 6回の転職で「このように」キャリアアップした。

面接担当者から転職経験について質問された場合、「●回です」などと端的に回数だけを伝えるのはNGです。そこでいったん面接での会話の流れが途切れてしまうからです。だからといって、いきなり言い訳から入っては「やはり自分でも引け目を感じているのだな」などという印象を与えてしまいます。

転職回数の多さを少しでも有利にとらえてもらうには、「目的意識があって必然的に転職を繰り返したのだ」と採用担当者に印象付けることが大切です。これまで、本気で自分の成長・キャリアアップを考えて転職をしてきて、それを面接担当者に納得させることができれば、転職回数の多さは決してマイナス評価にはなりません。

しかし、これは裏を返すと「目的意識がなく、数を重ねてしまったパターンが一番ダメ」ということになります。

「どのような人であれ、利益を出せる人なら即戦力として採用する」という欧米の価値観とは違い、日本では長く働いてくれる人をじっくり育てて、将来的に利益を出そうと考える会社のほうが圧倒的に多いのです。人材を育てるにはコストも時間もかかりますから、「1〜2年で辞めてしまいそうな人は採用したくはない」というのが本音です。面接担当者や人事担当者は、特にそう考える傾向があります。

確かに、ひとつの会社に長年勤めるには相応の覚悟や忍耐力が必要ですから、「転職経験が多いと意志薄弱で忍耐力もない人かも」という偏見を持たれるのも仕方がないかもしれません。ですが、面接ではこの偏見を払拭させる必要があります。

NG 別の会社に行けばもっと能力が発揮できる。
OK もっと能力を発揮するために別の会社に行く。

面接担当者に、「この人はしっかりした目的意識があってさまざまな会社を渡り歩いて来た。一つひとつの転職は自己成長のためのステップだった」と理解してもらえれば、転職が多いことによるマイナスイメージはかなり払拭できるはずです。

NG 転職理由はブラック企業だったから(自分の意思ではない)。
OK 転職理由は自己成長のため(自分の意思)。

例えば、以前の会社が給料の未払いや社会保険がないなど、社会的に見て明らかなブラック企業だった場合、それを説明すれば面接担当者に同情してもらえるかもしれません。ですが、それが採用に結びつくかというと、そうではないのです。

実際に、採用された会社がことごとく倒産し、その結果、転職を重ねてしまった人がいました。クリエイティブ能力もヒューマンスキルも問題ありませんでしたが、応募した会社はことごとく不採用になりました。

キャリアアドバイザーが人事担当者に不採用の理由を聞くと、「運が悪すぎるから採用しなかった」とのことでした。不合理な判断のようにも思いますが、あの松下幸之助でさえ、「『自分は運が悪い』と言う人は、どんなに優秀でも絶対採用しない」と言っていたくらいですから、一概に笑い飛ばすことはできません。

「運」や「自信」などの目に見えない事柄ほど情緒的な判断が入ることが多いので、「運が悪い」「自信がない」などというネガティブな言葉で自分の印象を悪くしないように注意しましょう。また、家庭の事情、前職の会社の経営状況など、「自分が望まない転職をせざるをえない事情があった場合」も同様です。

転職の目的 マイナス評価 誰が聞いても納得できるやむをえない事情があったとしても、そこには「転職の目的意識」がないことをしっかりと認識しましょう。その場合、面接での伝え方によっては大きなマイナス評価につながるおそれがあります。同情を引くような話し方は避け、事務的に事実を伝えて、次の話題に移ったほうがいいでしょう。

面接でのアピールポイント

面接では、転職回数に関して「マイナス評価をゼロに近づける」受け答えをした上で、自分のセールスポイントをアピールします。つまり、転職回数が多くても、「この人がほしい!」と思わせる魅力が面接担当者に伝わればいいのです。

面接担当者が「転職回数が多くても採用したい」と思う人材とは?

私達マイナビクリエイターが把握している、面接担当者が「転職回数が多くても採用したい」と思う人材像はおよそ次の通りです。

  • それぞれの転職で得たスキルや教訓を自分の言葉で語れる人
  • 自分が「今できること」「これからやりたいこと」を具体的にイメージできている人
  • 募集しているポジションをこなす上で必要なスキルが身に付いている人
  • コミュニケーション能力が高く、メンバー、上司、クライアントと円滑な関係を築けそうな人
  • 今後のキャリアプラン、ライフプランを明確に語れる人

4つ目と5つ目は、面接対策で一朝一夕に準備できることではありませんが、1〜3つ目で求められている「転職で得たスキル」「できること」「やりたいこと」「キャリアプラン」「ライフプラン」については、面接までに文章にして、当日は自分の言葉で語れるように準備しておくことが大切です。

面接でのNG事例と改善ポイント

転職回数が多い場合に「その対応では不利になる」というNG例を、希望職種ごとにご紹介します。

CASE1

WebディレクターAさんの場合

  • 【プロフィール】
    Webディレクター歴12年/転職経験5回
  • 【面接中】
    豊富な実績に基づいたスキルを具体的なエピソードを交えて話し、自分の有能さをアピール。しかし、複数の企業で得た経験を、全て伝えようと立て続けに延々としゃべり続け、採用担当者がほとんど口を挟めなかった。
  • 【面接担当者の反応】
    優秀な方なので、別にうちじゃなくても…。

キャリアアドバイザーよりアドバイス

採用担当者は応募者が話す内容とともに、コミュニケーション能力や柔軟に対応できる能力などのヒューマンスキルも見ています。過去の実績をアピールすることは大切ですが、一方的に話し続けるよりも、採用担当者を巻き込む会話の工夫をしましょう。スキルの高さは十分伝わっていると思いますので、さらに応募先の企業理念を研究し、「自分のスキルをこのようにアレンジして利益を出せる」という結論に、採用担当者との対話の中で到達できれば心証がぐっと良くなると思います。

CASE2

WebデザイナーBさんの場合

  • 【プロフィール】
    Webデザイナー歴5年/転職経験3回
  • 【面接中】
    それぞれの職場での就労期間が短いことを気にしていたBさんは、採用担当者に「若いのに退職回数が多いですね」と言われ、必死になって前職の退職理由を事細かく説明。何だか楽しくない面接になってしまった。
  • 【面接担当者の反応】
    別に責めてるわけじゃなかったんですけどね…。

キャリアアドバイザーよりアドバイス

転職回数について聞かれたら、退職理由を語りながらも「転職経験によって得られたもの」をアピールするチャンスです。Bさんは、中堅の不動産会社、小さな広告代理店、全国展開の量販店と転職し、まったく違う業界を見て来ました。業種や会社の規模によって、同じWebデザイナーでも求められる能力が違うなど、異分野を経験したからこそわかった発見を伝えるだけでも好印象になったと思います。それぞれの職場で取り組んだ作品を見せて説明すれば、印象に残る自己PRになったのではないでしょうか。

CASE3

ゲームプランナーCさんの場合

  • 【プロフィール】
    未経験でゲームプランナーへの転職を希望。ショップ店員とプログラマーの経験あり/転職回数3回
  • 【面接中】
    ブティックで働いたあと、IT専門学校に通いながら近くの大型電器店で働き、卒業してWebディレクターとして勤務。プログラマーに転職した経緯を説明し、幼少時から好きだったゲームの世界で働きたいと熱弁を振るう。
  • 【面接担当者の反応】
    ゲームへの熱意はわかりますが、行き当たりばったりの印象があります。ウチの会社もすぐ辞めてしまわれるのではと不安が…。

キャリアアドバイザーよりアドバイス

ショップ店員だったCさんは、もっと専門的な仕事をしたいとスクールに通うことを決め、近くの大型電器店でPCの販売をしながら勉強しました。卒業後は、まずWeb制作会社でWebディレクターとして働いたあと、プログラマーに転職。さらに、そのスキルを活かして好きな世界を探求しようとした結果、ゲームプランナーを目指しています。確実にステップアップのための転職ですし、「成長したい」という一貫した目的もあります。しかし、それがアピールポイントだという自覚がCさん本人自身になく、もちろん採用担当者にも伝わっていないという残念なケースです。

自分の職歴を文章にして客観的に見てみると、セールスポイントが見えやすくなります。さらに、信頼できる第三者や専門家に見てもらうと、よりはっきりすると思います。 それから、採用担当者が不安に思うのは、「すぐに辞めてしまわれるのでは」ということです。一般的にはフルタイムの社員の場合、入社後3年しないと、給与相応の貢献ができない、要は元が取れないとされています。ですから、その不安を解消することが必要です。その会社の事業や沿革を研究して、その会社でのご自身の3年後、5年後の姿を想像して伝えてみてはいかがでしょうか。その想像にリアリティがあれば、人事担当の不安をやわらげることができます。

最後に

私達マイナビクリエイターのキャリアアドバイザーは、転職回数が多い求職者に対しては転職回数が不利にならない面接の受け答えを指導しています。転職回数の多さを気にされている方は、私たちにお気軽にご相談ください。あなたのセールスポイントを明確にし、面接で効果的なアピールができるようアドバイスをいたします。

面接に際しては、「転職回数の多さを指摘されるだろうなあ…」といった不安要素を持って臨むべきではありません。上記のBさんの事例でもわかるように、「引け目に感じていること」を指摘されると、つい必要以上の説明をしてしまいがちですが、こうした姿勢が面接担当者の目には「弁解」に映ってしまい、総体的な評価を下げてしまうことにつながります。

事前に十分な面接対策を立て、転職のプロからメンタル面のケアを受けることで、面接の場であなたの実力を存分にアピールすることができます。ぜひマイナビクリエイターをあなたの理想の転職にお役立てください。

サービスに関するお問い合わせ
0120-410-470 マイナビクリエイター事務局 受付時間 9:15〜17:45

サービスに関してご不明な点がありましたら、マイナビクリエイター事務局までご連絡ください。

Facebookページ - クリエイティブ・ティップス
Web・ゲームクリエイターにとって、少し得した気分になるティップス(情報)を配信しています。

転職ノウハウ
転職ノウハウ他記事一覧
おすすめ記事コンテンツ
初めての方へ
企業の皆さまへ
ソーシャルメディア
TOPへ戻る