一次面接を通過するために押さえるべき5つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一次面接

一般的な企業の中途採用では、書類選考を突破した後に、一次面接(人事面接)、二次面接(現場責任者面接)、そして最終面接(役員面接)と、何段階かの面接を経て採用にいたります。このうち一次面接は、どのような位置付けにあるのでしょうか。

このページでは、一次面接の目的を解説すると同時に、Web・ゲームクリエイターの転職活動において、一次面接を突破するために押さえるべきポイントをご紹介します。応募者として一次面接は企業の人々とはじめて対面する場面であり、ここでの自己アピールの方法や印象付けを間違えば、先に進めることはありません。

企業側の目的や一次面接の担当者の心理をよく考え、それに対応していくとともに、自分がその企業に入社して活躍することができるかをしっかりイメージしていきましょう。

一次面接(人事面接)の目的を知る

一般的には、一次面接の目的は「あきらかに自社に適さないと思われる人をふるい落とし、二次面接以降に臨む採用候補者を選別するため」とされています。つまり絞り込みです。

一次面接の面接官は、人事担当者が務めることがほとんどです。ここでは社会人としての基礎的なマナー、教養、コミュニケーション能力などが最初にチェックされます。また、誠実で好感の持てる人柄か、会社の人材ニーズとミスマッチはないか、などといった適合性も検討されます。

クリエイター、特にWebディレクターWebデザイナー、ゲームデザイナーの場合は、ポートフォリオも評価の対象となりますが、一次面接の場に、クリエイターの上長が同席していないケースでは、ポートフォリオから受ける全体的な印象や実績、経験などから、おおよその見当がつけられる程度でしょう。そしてクリエイターとしての専門的な資質が問われるのは、二次面接以降に持ち越される可能性が高いと考えられます。

つまり、一次面接で重要なのは、クリエイターとしての高い専門性のアピールではなくその企業でメンバーとして働くための人間性に注目されていると考えられます。あなた自身も自分の本来の働くスタイルを受け入れてくれる企業かをしっかりと見極め、ミスマッチのない転職を実現していく必要があります。

一次面接を通過するために押さえるべき5つのポイント

Point1

一次面接をおこなう人事担当者の心理を考えた上でアピール!

書類審査を通過し一次面接へ進むことを求められたということは、企業が今回の採用で求める人材のスペックにあなたが達しているということです。応募書類を事実に相違なく作成していれば何も問題はありません。あなたがここでまずアピールすべきは社会人として働く上での人間性の部分です。

人事担当者の視点は減点法?

人事担当者 減点法 書類審査を通過した応募者から、現場責任者の面接に進める人物を決める、この目的のために一次面接担当者はまず応募者に対して減点法にならざるを得ません。創造性を求められるクリエイターであっても、唐突ととられるような発言や行動は避けるべきです。かといって、中途採用者に求められるのは個性を消し去った従順な対応でもありません。

既にできあがっているチームに溶け込むことができ、さらに外部とのコミュニケーション力を発揮できること、これが一次面接担当者が最も注目している部分です。

コミュニケーションはプレゼンだ!

クライアント プレゼン 理想的な一次面接の進行は、主導権は面接官にとってもらいながら、自分が主体となって発言する機会も随所につくっていくということです。一方的にならないように気をつけなければなりませんが、面接官が2〜3の質問をしてそれに答えたら、こちらから質問をしてみるのも良いでしょう。

対外的コミュニケーションの経験者ならご存知のとおり、この一次面接のやりとりはクライアントに対するアイスブレイクからプレゼン、クロージングを一気にやるようなもの。落ち着いて、会話を盛り上げながら自分も相手も気分良く話せるようにすること。内容ももちろん重要ですが、一次面接に限っては書類審査で既にクリアしていると考え、その信頼度を高めるためのコミュニケーションの機会とするべきなのです。

一次面接 Point1 要点まとめ

  • 一次面接では減点法にならざるを得ない人事担当者の役割と心理を理解する
  • プレゼンなどの対外コミュニケーションのスキルで社会人としての経験をアピール
Point2

採用面接は、優秀なクリエイターを選ぶコンテストではない

あなたはクリエイターとして転職を目指して企業の一次面接を受けています。専門性をアピールするために、自分のスキルの高さや強みを面接官に知ってもらいたいと思うのは当然のこと。しかし、一次面接を担当する人事がおこなっているのは前述のとおり、応募者の人間性、社会性を判断するのが主で、あなたの持つクリエイターとしての能力や感性の部分までを見極めようとしているのではない場合がほとんどです。それではあなたは一次面接で何をアピールすればいいのでしょうか。基本に立ち返ってチェックしてみましょう。

スキルや経験は必ずしも高い事が良いわけではない

スキルや経験 バランス 応募者の目線でいけば、高いスキルの人ほど転職に有利と考えがちですが、企業にはその人材を求める状況がそれぞれあります。例えば、経験2〜3年のディレクターを想定した募集をおこなっているときにチームのマネージャーを超えるスペックを持った人の応募があっても採用には結びつかないというのは人材採用の現場でありがちなことです。

もしその企業の持つフィールドで働くことを優先するなら、自分のスペックをごり押しするのは逆効果のときもあります。一次面接はクリエイターとして1番を目指すコンテストではないのです。

書類では書ききれない自分らしさをアピール

自分らしさ アピール 履歴書や職務経歴書では本来の自分らしさを表現するのは難しいものです。そこで面接が重要となるわけですが、「自分を表現するのだから、ありのままでいけばいい」と考えるのは拙速です。限られた時間や緊張の中で、自分をアピールできるようにするには十分な準備があってこそです。

家族や転職エージェントに協力してもらい、事前にシミュレーションしておくなどの対策が必要です。協力者からアドバイスをもらい、あなたらしさを表現する方法をさらに研究しておきましょう。

たとえば、企業で働く上での自分の長所を項目立てて具体的に考え、それを面接の場でアピールする方法も考えておきます。また仕事以外の趣味についても語れると、あなたという人物を理解してもらう早道です。あなたの人間性を示す短時間で語れるエピーソードなども有効でしょう。

一次面接 Point2 要点まとめ

  • スキルは高ければ高いほど良いと思っているのは応募者だけ
  • 対面でのコミュニケーションで書類ではかけない自分らしさを表現
Point3

一次面接の通過率を高めるために、必要と思われる準備を徹底する

クリエイターが一次面接を通過する確率を高めるためには、以下の3点が重要です。

  • 質と量、共にレベルが高く、伝わりやすいポートフォリオを準備する
  • 自分の経験、スキルとマッチング性の高い会社の求人に応募する
  • 自分がその会社に必要な人材なのか、ビジネスへの応用性・発展性を考える

一次面接では、ポートフォリオの扱い方にも十分な検討が必要です。クリエイターとしてのこれまでの実績や、実力を示すためのポートフォリオは最大の武器。しかし先述の通り、一次面接はあなたの人間性で勝負すべき局面です。ならばポートフォリオは軽く流してしまうべきかというとそんなことはありません。人事担当者が好むかたちでのシンプルかつ有意義なプレゼンを行えるよう、徹底して準備していきましょう。

自分とのマッチング性が高い、つまり自分を必要としてくれる会社の選び方ですが、まずは求人情報の募集条件を熟読しましょう。そして、その条件に自分は適合しているかどうか、ミスマッチの可能性があるとしたらどの点なのか、などをじっくり検討します。

続いて、その会社のコーポレートサイトなどから、どんなクライアントを持ち、どのような実績があり、どのような制作物を制作、開発しているのかを調べましょう。その会社の作風、クリエイティブ上の強み・弱みなどを知っていくことで、募集要項に書かれていない「隠れた人材ニーズ」がつかめる場合があります。

専門家でなくてもわかりやすい説明を

ポートフォリオ 説明 わかりやすい クリエイターの採用においては、応募時にポートフォリオの提出を求められることも珍しくありません。応募書類としては自分の経験の概略がわかるもの。面接時に持参するものは、それぞれの仕事についてさらに掘り下げたものにするのが一般的でしょう。この持参するポートフォリオを一次面接、二次面接で変える必要はありません。しかしどの部分を中心にプレゼンすべきかは当然変わってきます。

同じクリエイターならば、作品を見せるだけでそれをつくるための手間や手法、必要な技術を考え、あなたの能力を推し量ってくれます。しかし、一次面接では、おこなったクリエイティブの目的と効果を端的に見せていくことが重要です。

一般の人からも理解されやすい「メジャーな仕事」が含まれるならそれも積極的にアピールしていきましょう。また別に掘り下げるとすれば、そのクリエイティブがどんな人間関係、協力関係の中で成功していったか。クライアントにどのように理解を得たか、クリエイティブチームとどのように協力したかなど、あなたの人間性をあらわす端緒にしていきましょう。高いスキル・経験のアピールより、実際の効果とあなたが次の仕事へ携わるために必要な社会生、人間性をあらわすのに役立ててください。

募集内容をもう一度確認しておく

自分の職種や経験・スキルと企業の求める人材がマッチしているかもう一度確認しておきましょう。もし開きがあるようなら、「なぜ自分が一次面接に進む機会を得たのか」を企業側の目線で検討しておきます。面接の場で、実際の企業側の考えを確認することもできますし、その開きに対して自分がどう対応することが可能かも考えておくことも必要です。

応募した企業のビジネスへの応用性・発展性を伝える

ビジネス 応用性・発展性 一次面接でもう一つ大切なことは、これまでの経験がいかにその企業で有効かということです。あなた自身もその企業に応募しようと考えるからには、チャレンジしてみたい仕事や、自信のある業務があってのことだと思います。自分の経験がその企業にどんなふうに活かせるかを、ポートフォリオを交えて具体的にアピールする機会にしてください。

もちろん、実際の配属や社内での仕事内容などは応募者の予想と必ずしも一致するわけではありません。しかしその予想が外れていることは一次面接の担当者にとってはあまり重要ではなく、働くビジョンの提示は人事担当者にとってもあなたの社内での活躍ぶりをイメージしやすくできるのです。また、人事担当者が「実はお願いしたいのはこういった仕事で」と募集内容以上に情報を開示してくれればしめたもの。そのとき既にあなたは一次面接の担当者にとって業務の詳細を伝えておくべき採用有力者だということです。またあなた自身もその会社で働くビジョンをさらにリアルにすることができ、ミスマッチを防ぐことにもなります。

ポートフォリオについてはこの2つの目的を果たせれば上出来です。あなたの人間性をアピールする材料として有効ならオーバーしても構いませんが全体の時間から見て、ポートフォリオについて語るのは20〜30%に抑えるように心がけましょう。面接官から強く求められたのでなければ、一次面接では、スキルについて語る時間はこの程度で十分です。スキル以外の部分にも自分に興味をもってもらう。そんな気持ちをもって一次面接でに臨むことが重要です。

一次面接 Point3 要点まとめ

  • 人事担当者はクリエイティブのプロではない。スキルや実績は簡潔にわかりやすく
  • 今回の採用に企業がどこに重点を置いているのかをしっかりと理解
  • その企業のビジネスに直接どのように応用できるかを自分なりに構想しておく
Point4

面接官が「二次に進めたくなる」ポイントをチェック!

自分が応募した企業にどれくらいの応募者がいて一次面接にどれくらいの人数が進んでいるのか。応募者にとっては気になるところですが、転職エージェントからのフィードバックでも無い限り、応募者の具体的な人数がわかることはまれです。「応募者は何人ぐらいですか?」と面接官に聞く人がいますが、それは面接官にとって開示しにくい情報であると同時に、応募者から会社を値踏みされているようにも感じて決して喜ばしい質問ではありません。それよりも多数の中から自分を選択してもらうための方法を考えていきましょう。

オール「Yes」はかえって信用されない?

面接の場で硬くなりすぎて自分を出せない人の特徴は、面接官の問いかけに対してすべて「Yes」と応えてしまうことです。例えば一次面接で応募した職種とは違う職種での採用を打診された場合に、一顧だにせず「Yes」と答えるのは決して良いとは言えません。

あなたに判断を迫る質問があった場合はその内容をしっかりと自分の中に入れて、本心で判断していく必要があります。ダメなら「No」、その場で答えがでない質問ならば、「少し検討させてください」と率直に答えるべきです。人事担当者はいわばその企業の人を見るプロです。その場限りの「Yes」はかえって不誠実ととられかねません。しっかりと自分を持った対応をすることが面接官にとってもあなたという人物を把握しやすいのです。

その企業で働く人々の様子を質問してみる。

企業 求職者 質問 あなたがその企業に対してどんなイメージを持ち、そこで働くことにどんな希望を持っているかを伝えましょう。その中で人事担当者から見たその企業で働くクリエイターの姿や働き方について質問することも忘れないでください。一次面接は企業文化や、制度について人事に話を聞ける貴重な機会でもあります。決して受け身にばかりなるのではなく、あなた自身が応募する企業に関心を持って質問をぶつけてみるのです。

質問のポイントや方向性はときには答え以上にその人の考え方を如実に反映します。だからこそ応募者からの質問を待っている面接官は意外に多く、面接官はそれも大きな判断材料としているのです。

二次面接に進むキーポイントはまず減点法による「規格外」というふるいにかけられないことと、あなた自身の誠実さ、その企業への親和性を面接官と共有できること。双方向のコミュニケーションでこれを実現していきましょう。

一次面接 Point4 要点まとめ

  • オールYesではあなたの人間性は見えてこない。必要な時にはNoを言える勇気も
  • 働き方や働く人の様子を質問して自分の関心がどこにあるかを逆アピール
Point5

社会人としての基礎力、配慮やマナーをもう一度見直そう

人事担当者が、一次面接で質問をする際に、最も重視するのが「質問の意図を正しく理解し、適切な回答が返せるか?」という点です。

これは、質問に答える際に「人事担当者は、一体何が知りたくてこの質問をしているのか?」という配慮と洞察がどれだけできているかということを意味しています。できるだけ「簡潔」で「わかりやすい」回答を心がけましょう。そして、「この会社に入社したい」という気持ちや意欲も素直に表現するべきです。「本当に当社に入社したいのかどうかわからない。意欲が感じられない」という理由でふるい落とされる人も少なくないからです。

クリエイティブとは直接関係のないところも、決して軽んじるべきではありません。服装や身だしなみの清潔感、質問にハキハキと答える快活な態度など、「クリエイターである前に社会人として魅力的か」ということは、一次面接ではクリエイティブ能力と同等、あるいはそれ以上に重要な評価ポイントとされる可能性が高いでしょう。面接はその企業で働くことを思えばわずかな時間ですが、その人物が対外的にどんな言動・行動を見せるかを知ることができる、企業にとって貴重な機会でもあります。

また、職務に営業的な要素を含むかにかかわらず近年企業の採用で最も重視されているのはコミュニケーション能力です。スキル中心の書類審査の順位が逆転する可能性も一次面接には十分あるのです。

一次面接スケジュールの決定は譲り合って、キャンセル・遅刻は厳禁

キャンセル・遅刻 信用 一次面接の日時の調整はどちらかが可能な日時の案を2〜3案出し、それに応える形でおこなわれるのが一般的です。在職中の人は調整が難しいかも知れませんが、一度確定した面接日時は当然のことながら厳守です。

あってはならないことですが、やむを得ずキャンセルや遅刻せざるを得ない場合は、誠意を持って十分に謝罪し、続行に関しては相手に判断をゆだねましょう。それでその企業への採用自体がストップとなっても、しっかりとしたコミュニケーションがあってのことならば、後に問題が残ることはありません。

しかし残念なことに、無連絡での面接キャンセルは調査すると現在でも多くあることがわかります。その行為は自分自身の社会的信用を大きく傷つけてしまっているということにぜひ気づいてください。

一次面接の服装はスーツが無難?

一次面接 スーツ クリエイターの職場ではビジネスカジュアルOKの場合も多く、面接の連絡でも「普段着でリラックスしてお越しください」とのコメントを付ける企業も増えてきました。一方で、一次面接をおこなう人事担当者は企業文化による違いはあれ、スーツの割合が高い職種です。

一次面接で自分の個性として服装でどうしてもアピールしたいと言うので無ければスーツを選択してください。一次面接はあなたと企業のファーストコンタクトであることを忘れずに。人事担当者にプラスにならない先入観を与えないことが重要です。

自分の言葉づかいの客観的なチェックも必要

家庭や友人同士で交わす日常会話とビジネスにおける会話は違ってうのは当然です。社会人として中途採用に臨むあなたは、ビジネスマナーとともに言葉づかいも完璧である必要があります。特に一次面接では、逸脱した言葉づかいがないかをチェックされる場面でもあります。「れる、られる言葉」「尊敬語、謙譲語の混同」など思わぬところで多くの人が間違った日本語を使っている場合があります。十分に注意して発言するだけでなく、転職エージェントによる面接対策をおこなったり、家族や友人に協力を依頼して、自分の言葉づかいに問題がないかを一度は確認しておくことをおすすめします。

一次面接 Point5 要点まとめ

  • 一次面接に限らず対企業のあらゆるアポイントで遅刻、キャンセルは厳禁
  • 企業との初対面である一次面接は基本はスーツ。個性のアピールは他の方法で
  • 一次面接はあくまでオフィシャルな場。言葉づかいの乱れを再チェックしておく

面接の日が近くなったら、こちらも併せて確認される良いでしょう。

いざ面接へ - 事前に準備すべきこと、当日に確認すべきことを押さえよう

まとめ - キャリアアドバイザーから一言アドバイス

キャリアアドバイザー S.Miyamoto 企業が書類選考で残す人物には採用有力な人と、「もしかしたらうちの会社に必要な人材なのでは」と採用担当者が会ってみたいと考えた人物との2種類があると考えられます。キャリアやスペックもハマり、即採用という人なら一次面接に工夫は必要ありません。しかし、もしあなたに「プラスアルファの何か」を期待されている局面で、あなたが消極的に、従順、平凡を装って一次面接に臨んでしまったら、そこに逆転はありえません。

企業が中途採用者に対して求めるスキルは、高すぎても低すぎてもだめです。一次面接に進めたということは書類上応募者のスキルは若干の上振れ、下振れがあれニーズの許容範囲内だと採用側は考えているのです。つまり一次面接はあなたのスキルの上振れ下振れをカバーできるだけの人間性を見たいというのが企業の本音です。

一次面接に呼ばれた以上、応募者には誰にでもチャンスはあります。本当のあなたらしさを担当者にアピールして採用にならなければ、それはあなたの個性と企業がミスマッチだったということ。気にせず次の企業へトライしていきましょう。

残念なのは本当のあなたらしさをアピールできずに面接を終えてしまった場合です。服装や言葉づかいなど必要なマナーを整えた上で、「自分らしさ」をしっかり出せるよう十分な準備をして一次面接に臨みましょう。

サービスに関するお問い合わせ
0120-410-470 マイナビクリエイター事務局 受付時間 9:15〜17:45

サービスに関してご不明な点がありましたら、マイナビクリエイター事務局までご連絡ください。

Facebookページ - マイナビクリエイター編集部
Web・ゲームクリエイターにとって、少し得した気分になるティップス(情報)を配信しています。

転職ノウハウ
おすすめ記事コンテンツ
初めての方へ
企業の皆さまへ
ソーシャルメディア
TOPへ戻る