他職種にはないクリエイターの転職ならではの自己分析のやり方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自己分析 やり方

自己分析には様々なやり方があります。

クリエイターの転職では、自己の創造性やモチベーションの源泉などについても語れるように準備しておく必要があるため、他職種の転職者とは、やや違う角度からの自己分析も試みておくべきでしょう。そこで今回は、「違う角度からの自己分析と言われても、どんなふうに分析していいのかわからない」という人のために、クリエイターにふさわしい自己分析のやり方についてお話できればと思います。

3年後、5年後、10年後、リタイア後の作品をイメージする

一般的なビジネスパーソンの場合

一般的なビジネスパーソンの自己分析のやり方では「3年後、5年後、10年後の自分をイメージして紙に書き出す(アウトプットする)」という自己分析のアプローチがよく行われます。

これは、「自分が○○歳になった時、どんな仕事をしていたいか。年収はいくら欲しいか。どんなポジションに就いていたいか」ということを「実現可能な範囲内で、もっとも理想的な姿」として、できる限り詳細に書き出していくことで「10年後に部長になるためには、3年後には管理職になっておく必要がある」という、目標までの道のりと、途中でクリアするべき課題やハードルとを明確にするという手法です。

クリエイターの場合

クリエイターの場合も、このアプローチをそのまま使ってもよいのですが、この方法ではポジションへのこだわりが中心となり、クリエイターならではの「クリエイティブ(創造性)へのこだわり」が置き去りにされてしまうという難点があります。

そこで、この方法をクリエイター向けに置き換えてみると、「3年後、5年後、10年後…、そして現役を引退し、仕事とは関係なく自分の好きな作品を創れるようになった時、一体自分はどんなものを創っているか」というように、引退後の自分も含めて、できるだけ具体的にイメージしてみるとよいでしょう。

職業人として、どのようなクリエイターを目指すのか。そして、それとは別に、本来自分がやりたいことは何なのか、これらを掘り下げて、クリエイターとしてのワークライフバランス(仕事と創造性との調和)を、転職先の会社選びや今後の働き方に反映させていきましょう。

過去の自分の判断に、「なぜ?」を繰り返し問いかけてみる

30年後の自分では、自己分析のやり方について説明していきましょう。

まず、学生時代まで含めて過去を振り返り、主要な出来事や重要な分岐点を年表に書き出します。次に、なぜ自分はその時そういう判断をしたのか、について掘り下げてみます。例えば「就活時、A社とB社から内定をもらったが、自分は最終的にA社を選択した」という分岐点で、「なぜA社を選択したのか?」という点を掘り下げます。具体的には以下のような手順で考えます。

  1. A社の方が雰囲気がよかったから
  2. なぜ、雰囲気がよかったのか?
  3. 若い社員が明るい顔をしていたから
  4. なぜ、明るい顔=雰囲気がいいと思ったのか?
  5. ポスト・年齢に関係なくのびのび仕事ができそうな気がしたから
  6. なぜ、のびのび仕事がしたいのか?
  7. その方が自分の感性を発揮できると思ったから

このように「なぜ?」を繰り返してみましょう。この作業は「自分はプレッシャーに弱いから」「自分は話すことが苦手だから」などと、自分の弱み(短所)を見直すきっかけにもなります。重要なのは、一般論などで答えをごまかさず、素直な自分、等身大の自分で掘り下げていくことです。

なぜ「明るい顔=雰囲気がいい」と思ったのか?「だって、普通はそう感じるものだから」というように、主体的な視点から目をそらしてしまうと、誰もが思いつくような答えになり、堂々巡りになってしまうからです。

楽しかったこと、イヤだったことを書き出してみる

続いて、今までしてきた仕事について、「楽しかったこと」や「イヤだったこと」を書き出してみましょう。例えば、Webクリエイターの場合「重要なクライアントのWebサイト制作で、特集ページを任された」ことが大きなトピックだったとしたら、その仕事のどこが楽しく、どこがイヤだったかを深掘りしてみます。

ここで、楽しかったことが、

先輩のWebデザイナーが、自分の要望以上に、素晴らしいデザインを仕上げてくれた

というのであれば、あなたは自分以外のクリエイターの力量を認め、周囲の人を立ててチームで仕事を進めていく制作現場寄りのWebディレクタータイプなのかもしれません。

一方で、イヤだったことが、

クライアントが、自分の意図を理解してくれず、不本意な修正を命じられた

とすれば、あなたはクライアントに対してもっと包括的で深い提案をし、かなりの判断まで任せてもらうWebプロデューサータイプを目指したいのかもしれません。

もちろん、1つや2つの書き出しでは断定できませんが、こうした事柄を数多くアウトプットしていくうちに、自分のクリエイターとしての傾向や方向性が見えてくると思います。

まとめ - キャリアアドバイザーからの一言コメント

キャリアアドバイザー 宮本 早織クリエイターの方に求められる自己分析は、まず技術や実績から自分の長所や短所を洗い出し、上記のように、ご自身が楽しく感じたもの、イヤだと感じたものを1つ1つ明確にしていくことが第一歩です。

そして時間軸の視点を入れ、過去の経験から現在の自分、そして自分の将来像が語れるようになった時、おのずと矛盾がない一貫性がある自己PRを作り上げていくことができるでしょう。面接の際でも、簡単な言葉の中になぜか説得力がある雰囲気を持つ人は、このような自己分析を何度も繰り返してきたからと言えます。

今回ご紹介したのは、自己分析のやり方のほんの一例に過ぎませんが、最近では、自己分析シートなど、自己分析のための様々なツールも普及しています。活用してみてもよいでしょう。

より自分の本質に近づき、それを自分で理解する自己分析のやり方に固定のルールはありません。クリエイターはある意味で、一生をかけて自分探しを続ける職種ではありますが、転職という分岐点をチャンスととらえ、今、自分探しのアプローチ法をとことん追求してみることも大変に意義があると言えるのではないでしょうか。

サービスに関するお問い合わせ
0120-410-470 マイナビクリエイター事務局 受付時間 9:15〜17:45

サービスに関してご不明な点がありましたら、マイナビクリエイター事務局までご連絡ください。

Facebookページ - クリエイティブ・ティップス
Web・ゲームクリエイターにとって、少し得した気分になるティップス(情報)を配信しています。

クリエイターならではの「こだわり」を活かす自己分析方法

転職に自己分析が必要なのは、面接などの場面で「自分」を説明する必要があるからです。知らないものを説明することは、誰にもできません。逆に、深く知れば知るほど、説明に説得力が増します。自分のことは自分が一番良く知っていると思っていても、意外にそんなことはありません。あらためて時間と取り、自己分析をすることで新しい発見があるはずです。このページでは、クリエイターならではの「創造性」や「こだわり」を意識した自己分析方法をご紹介しています。1つのやり方に縛られる必要はありませんが、これを機会に色々試してみるとよいでしょう。

転職ノウハウ
転職ノウハウ他記事一覧
おすすめ記事コンテンツ
初めての方へ
企業の皆さまへ
ソーシャルメディア
TOPへ戻る